アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山本寛の絵コンテ・演出回。
構成上、ヒロイン一人のエピソードを片付けながら進むわけではないので、ザッピングで進行中。ちょっと落着かない。言い換えると気が抜けない。
舞がメインの様でありながら、舞の話は秘密の入り口に立っただけ。
シナリオ的には原作にないキャラたちとの絡みの中で、真琴の秘密を描いている。

真琴の入浴シーンの長回しはGJ!
しかし祐一、真琴に見られても恥ずかしがらないとは、自らの加農砲に自信があるのか。
そのあとの真琴が風邪を引いたような様子は、今後の事件の導入部だろう。
深夜の校舎で真琴を舞と絡ませたアニメオリジナルなシーンは、真琴シナリオを一本道の袋小路にしないためには重要。
謎めいた女の子ばかりに囲まれた祐一だけでは、真琴の変調は気づかない。
「おいで」と真琴の頭を撫で、祐一に「あの子に優しくしてあげて」と舞。
魔物を撃つ舞の霊感か、真琴の本質を見抜いている設定にしたのは無理がない。
手についた肉まんを舐める仕草で真琴のネタバレも始まってますね。
超母親秋子さんも、初対面だったあゆも、真琴の何かに気づいている伏線をすでに張っている。

まこぴょん、スタッフに可愛がられてる感じがする。動かしやすいキャラだしね。今のところは。
最後は、最大の奇跡あゆエンドなのだと思うが、それまで少なくとも1クール分ほどは真琴のシナリオにヒロインたちが絡んでくる構成なのかもしれない。その中で祐一が如何に振舞うのかが見もの。
このあと天野美汐が出てくると話が大きく動くかな。

あゆが水瀬家の朝食の席にいるのは違和感ないな(苦笑)
栞は今回は薄い絡み具合だが「うん、そうするね、お兄ちゃん」は妹属性の方には至福の言葉。香里は出番なし。
路面電車は「どろり濃厚ピーチ」再登場。

踊り場での舞と佐祐理のお弁当シーン登場。
舞の「嫌いじゃない」は久しぶり。
祐一が夜中に持って行ったのはおにぎりだったが、牛丼は来ないのか?まさか豚丼に改変されたりして。
アバンで魔物を撃つ舞の後姿、大腿の筋肉の張りが良い具合に表現されていた。
Kanon ~Standard Edition~ 全年齢対象版
Kanon Original Soundtrack
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。