アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はちょこがちょこッと脇に回って、ゆりぴょんお嬢様ヒロインの回。
いや~あ、それにしても良い声で悲鳴を聞かせてくださいます、釘宮理恵様(何でおまえは釘宮理恵は様付けで、尊敬語なんだと詮索されぬよう)
ゆりぴょんの初恋の相手が駆とは納得しがたいが、その事は一旦脇に置いとく。

管理人さんが日常生活の中で妄想するのと同様、ゆりぴょんは夢の中でドラマ仕立てのストーリー。
RPGのヒロインゆりぴょん、救出してくれたナイト駆とのロマンスは、ちょこにさらわれるオチ。
「あんたの友達を呼んでもいいわよ」ちょこを招待して駆を連れてこさせる謀略だが、ちょこは園児たちを連れてくる。
上目遣いのゆりぴょん、大空寺あゆ様に似て見えたのは気のせい、気のせい・・・

Aパートの脚本・絵コンテでいいところもあって(たまには誉める)ティーパーティーに懸けて、キャラそれぞれのお茶の時間をさらりと描く。
・珠美先輩の紹介で、はるまは執事喫茶店風のバイト。そこに珠美先輩が偵察兼ねて来店
・いつもの喫茶店でのマスターと真琴のやり取り
・管理人さん、自室でお茶の時間
・気張ったゆりぴょんからの英国式ティーパーティー手配に目つき鋭いメイド、くっ!と笑いかみ殺す

ティーパーティーの後は、広いお屋敷でのかくれんぼ。
ゆるいシナリオだが、細かなメリハリはあるので悪くない(川澄舞だと良いの意味)
ゆりぴょんの見る夢はまたしてもドラマ仕立てで、Sleeping Beauty。
白馬に乗った王子様は駆。
ゆりぴょんにキスする寸前、ちょこに入れ替わり。ゆりぴょん、悲鳴の目覚めオチ。
う~ん、ゆりぴょんxちょこ、これは悪くない(川澄 ry・・・)
駆は脇に置いたままでOK。

しかし、ゆりぴょんのキャラ立ち、強烈。
このままスピンアウトして、別企画で1本作れるんじゃないかなあ。
まじかる☆ゆりぴょんとか(w
ちょこッとSister 第2巻
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。