アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブタイどおりです、ハイ。
小雪先輩のお当番回だが、タマちゃん視点で関係を描く構成。
占い研究会の即席部員一同がタマちゃんを探すお話。
所詮使い捨てのマジックワンドの付属品とタマちゃんが拗ねて家出、というか博物館でご先祖と対面したかったようだ。

それにしてもタマちゃんは、一つ一つ手作りでストックしてあるとは思わなかった。
捏ね方によって性格も変わるのは良いが、捏ねる時の音頭は脱力。

ネタとして盛り上がるような派手さはなかったが、ほんわりとした「はぴねす!」の世界観を上手く使ったシナリオだった。
マジックワンドの誕生から魔法使いとの交流を説明しつつ、各魔法使いキャラの心情も描写している。
今回はドジッ娘属性ばかり強調されてた杏璃の動きが落着いていたし、すももの絡みも多くなってバランスは良いと思う。準にゃんのお当番回まだ?

雄真の魔法嫌いの理由が語られていないので、魔法を失敗したり暴走したりの時「だから魔法は・・・」のような雄真の捨てゼリフは、仕方ないとは思えど気分が良くない。
作画は必死の手入れで死線をさまようが、崩壊は食い止めている。
タマちゃんキャラの作画は崩壊しようがないし。

12月発売予定のPS2ゲーム「はぴねす!でらっくす」
初回限定特典はアニメ特別編DVD「渡良瀬 準の華麗なる一日」30分収録。
PS2持ってないけど、このためだけに買ってもいいかな。
はぴねす!でらっくす
PS2 はぴねす!でらっくす 初回限定版
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。