アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学園祭の演劇部の公演でヒロインの代役に絢子。護をダシにして絢子に引き受けさせるのは、もちろん生徒会の企み。王子様役には護。
その劇は Sleeping Bauty とはベタな設定だが、絢子の照れまくりカットと強烈なキックとのギャップは飽きない。

気乗りのしない絢子の危機感を煽る作戦に出たか、生徒会。
脚本手直しで、ヒロインのライバルキャラを登場させるの王道のシナリオ。
結局は絢子と護のイチャイチャが見られればいいんだけどね。
護の妹はちょい見せだけで、今回は活躍なし。

絢子がくしゃみしていた伏線を引っ張りつつ、舞台本番直前に絢子が倒れて次回に続く。

絢子の着替えシーンの絵コンテは気合入ってた。
ブラ+パンツから上制服+下パンツへ、パンツへズーム&パンと結構執拗なカメラワーク。
この辺をきちんとやるから、川崎逸朗&ZEXCSは好きだ(笑)

正直言ってシナリオの優劣は、この作品に大きな影響を与えない。
ビアトリスが何かの説明もないが、気にしても仕方ないかもしれない。
高度な作画でもシナリオでなくても、ZEXCSの制作はポイント間違えずに手堅い。
今期のこの系統の作品では一番安心、心安らかに楽しめる仕上がり。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。