アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の「キャベツ大収穫祭」は一息ついたようで、Bパートに所々キャラ崩れを引きずりつつも作画は低空安定飛行。
そうなってくると、気になるのがシナリオや演出。アニオタとは業が深い生き物。

キャラの設定で原作から改変されているのがこんなとこだろうか。
・相手の鼻をつまむ、達哉の親愛の癖
・オリジナルキャラ、カメラマン高野と助手
・未登場のオリジナルキャラ、フィーナの許婚
・イタリアンズ(朝霧家の犬3匹)がいない
・さやか姉さんは大統領補佐官(原作は博物館館長代理)
・連邦大統領もオリジナルキャラ
そして今回明らかになった事実
・朝霧家の父親はインディアナジョーンズ?
原作では居室もシンプルだし、あんなに派手な行動は想像させなかったのだが。

月のスフィア王国のセフィリアとの古いエピソードを、オリジナルキャラの連邦大統領やカメラマン高野に関連付けた監督の解釈は解せない。
達哉が何故退屈とも思える月学に興味が有るのか、何故さやかが博物館館長代理でいるのか(館長は誰か)父親不在の秘密など、朝霧家と月とのかかわりを差し置いて第3者のオリジナルキャラにエピソードを付け替えてしまっては、フィーナのホームステイの理由さえ危うくなる。

エピソードの構成もブツ切りで何か関連あるんですか?という不明さ。
確かにゴキブリ騒動は原作でもあったが、Bパート使ってこれほど膨らませるとは。
サブタイが先にありきで挿入したようなエピソードだ。
今回のシナリオの肝は、達哉がフィーナに言う「(王女だ優等生だからといって)何でも自分で頑張る事はない(仲間を家族を頼って欲しい)」なんだと思うが、マシンガンやヘリやミサイルを描きたかったんだろうな。
キャベツに限らず、素材の持ち味は殺さずに調理しろとスタッフへ言いたい。

Aパート、カメラマン高野の入浴盗撮は犯罪。隣家の菜月も撮られてるし。
フィーナが高野を信頼し庇うのが不自然。
フィーナは悠然として見えるが、先代から弱みを握られているのではないかと不安を掻き立てられる、原作の世界では感じなかった嫌な設定。
サービスカットと考えるなら、川に落ちて濡れて帰宅したところで、よく確かめずに浴室へ行った達哉が麻衣と全裸ご対面にするのが素直だ(エロゲ的だが・・・)
それを目撃したフィーナが、禁断の兄妹愛と勘違いする展開で話を膨らませればBパートの尺も埋まるのに。そこへゴキブリに騒いだミアが絡んでもOK。

ネタバレ1行反転
原作では麻衣は義妹なんだが、アニメでは達哉とフラグ立たないからスルー?

川に落ちた犬を助けるためフィーナが溺れたAパートのエピソード。
引き上げられて意識のないフィーナの表情・濡れた制服だけ作画の気合いが入っていたように感じる。
達哉が鼻をつまむ癖は「実は人工呼吸の練習だった」と伏線の回収かと思った(笑)

「明けない夜はない」というが、このアニメの夜明けは訪れるのだろうか。

「夜明け前より瑠璃色な」音楽集 -Lunar Passport-
夜明け前より瑠璃色な -Brighter than dawning blue-(初回限定版) 特典 「瑠璃色イラスト ミニポスター」+「瑠璃色セレクテッドBGM(マキシCD)」付き
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。