アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今期の作品の幾つかにはお決まりの言葉だが、この作品にも贈ろう。
「グロスの作画崩壊を何とかしろ!」
現場は制作費も厳しいのはわかる、けれども萌えアニメでキャラが崩れたら何が残るというのか。
感動のシナリオがある訳でもなし、情熱のバトルがあるわけでもない。
西又葵のキャラが崩れたら、その特徴でもある「判子」の良さを自己否定することになる。

制作協力(グロス受け)アゼータ・ピクチャーズ、そして制作のティー・エヌ・ケー&AIC、この練馬アニメーション協議会加盟の3社、ちょっと気合い入れて欲しいところ。
韓国だろうと中国だろうと、どこ使っても品質管理が出来ていれば文句は言わない。

作画を忘れるくらいのシナリオと演出なら良いのだが、お話は平凡。
マネージャー妹の瑠璃が兄のために頑張る気持ちと、仕事に向ける気持ちのバランスを描いているものの、周囲のキャラの動きが雑然としているので締まりが無い。
あんなに苦労して加入させた瑞樹が早くも空気キャラになってる。
瑠璃のお当番回なのかもしれないが、コントラストが弱くて方向感がない。

一方、1期2期生の既発CDのプロモーション意図は明白で、第2期メンバーの成瀬雪見(CV:望月久代)がアフレコスタジオのシーンで登場。
犬の演技を瑠璃が代役で決めて、めでたしというオチだが工夫が足りない。
今回の脚本誰だったか?
サブタイの「引退~」って騙し。
瑠璃が仮のマネージャーを辞めるってことらしいが、そもそも誰も彼女にそんな役割は期待していない。自由奔放なお子様を咎めないって、この業界は温くないはず。

らぶドル3期生のキャスト演技は、一応練習生らしく下手そうに演じている。しかし下手なのかもしれない。きれいな表現だと「絶妙な演技」
丸井、宮下公園、今回の神南スタジオと渋谷がロケ地。

気になったのは、お兄ちゃん好きっ娘の瑠璃は置いといても、前期メンバーの結城瞳子や成瀬雪見がマネージャーに思わせぶりなセリフと潤んだ視線を送るのは何故だ?過去に深い関係があったかのような。
アイドル成長物語の裏で、まるでエロゲハーレム展開ではないか。
あっ、シナリオがあごバリアセンセイだから当然か。納得。

オープニング曲は文句なくおすすめ
恋、はじめました!
果てしのない空
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。