アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
う~ん、昭和歌謡のようなサブタイだなあ。
商店街に買い物に出現する縁(ゆかりん)先輩はあっちの萌先輩みたい。
唐突に鍋をはじめないだろうな?
相変わらずD.C.風味を残しつつも、あちらと違いさっさと展開していく。

美少女ゲームにありがちなヒロインたちとのフラグ立てや「どっちにするの?」展開もなく、主人公の春彦は早漏気味に莉子に告白。
しかし今後の展開はこの二人ではなく、幼馴染の霧乃が鍵を握ってゆくのだろう。

雑誌グラビアに出て人気沸騰の莉子にヤキモチ焼きの春彦。
それを見て「兄妹じゃないみたい」と霧乃。
嵐の夜、兄の好きなトマトを買い求めに出かける莉子ってのも可愛い反面、怖い。
これで義妹ルート突入で霧乃の鬱ルート確定か?

霧乃の「ちょっと運命が変わっていたら私が妹(義妹)」と運命のすれ違いは良くあるシナリオ。
霧乃が危ないなあ。
キス間際で電話してきたり、春彦が莉子の手をとったところにピアノが聞こえてきたり、手を放したら演奏がとまったぞ。
妨害工作?まさか、見・て・い・る・?
ピアノが霧乃の攻撃兵器になりそうだ。深夜に弾いたり、乱打したりとか。

今回のグロスはだめだなあ。前回のStudio Kelmadickは「パピヨンローゼ」でも作画良好だった。
今回は DANGUN PICTURES だが、キャラ崩れひどい。

Gift‐ギフト―霧乃編
Gift eternal rainbow COLOR.1
Gift -Prism-(通常版)
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。