アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく見たら企画協力・制作 GANSIS か。
ZEXCS=feel そしてGANSIS は事実上一体か。
株式会社ガンジス(代表取締役社長:大月俊倫)と有限会社ゼクシズ(代表取締役:川崎とも子)の所在地は三鷹の同じ場所。GANSISが親会社か?
スタチャ(キングレコード)作品をキングの役員でもある大月Pが、個人会社 GANSIS で受けているって印象がある。

さてこの作品、無批判で見続けることは難しいが、それでも見どころを見つければそれなりに楽しめる出来ではある。
背徳感に身を苛まれつつ、男視点のまま女の園に暮らす快感。その男視点が身も心も(身は無理か・・・)女に近づく快感。
まりやx紫苑の百合劇場からSDキャラへの切り替え。

生徒会長の貴子役たかはし智秋、久しぶりにアニメで聞いたが成長していない(笑)
瑞穂役の堀江由衣、ようこを引きずっているのと同時期でのあゆとの比較で厳しいが、何とか演じ分け出来ている。瑞穂はある意味ボクッ娘だが、ちょっとイメージとズレがある。

瑞穂の更衣室での着替えは無理だろ!と思わせるが、それは許すとしても瑞穂にジャージを穿かせたのはけしからん。やはりここで穿かせるのはブルマだろ!
この辺のツボがわかってないなあ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。