アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アストラル・ファイアを奪われても世界の危機!とまでには緊迫感は無い。
演出が地味なせいだろうが、宣伝で言う絢子の「メガデレ」の魅力を引き出すために、対にある緊張や絶望のシチュエーションとの対比は欠かせないと思うが、中途半端に終わっている。

その対にあるものは犯人との戦闘や絶体絶命の危機シーンだろうが、犯人に迫力と極悪さが足りないこと、絢子が撃たれた危機に護のビアトリスが発動し、あっけなく犯人を撃退した物足りなさ。
もうひとつは生徒会面々の絢子弄りもキレが無い。

ビアトリスが何か、アストラル・ファイアが何なのか、原作未読者にも少しはわかるようになってきたが、添え物程度にして護と絢子のデレを堪能させて欲しいところ。
演技面についても、戦う絢子と護に大デレな絢子のギャップを高橋美佳子に派手にやっていただきたいものだ。

護を危険に曝すためらいが、護の告白(返答)によって安心感に変わってゆく様と、ベタだがファミレスでのシーンはニヤニヤしてしまう。

上松範康の音楽はGAる~んよりは良いのだが、OP/ED曲は他のヴォーカリストに提供したほうが面白いと思うのだが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。