アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のんびりと静かに話が動き出している。
まだ主要キャラが集まり始めたところだが、長い2クールの収束に向けて密かにヒソカに何かを待っている緊張に息苦しさも覚える。
祐一を起こす名雪の目覚し時計の「あさ~、あさ~だよ、あさごはんたべてがっこういくよ~」間延びした朝に相応しくない声が緊張を解きほぐしてくれる。
名雪を起こすのには目覚し時計より、秋子さんの正体不明のジャムの方が効果がある。

まだまだイントロとでも言っていい進行具合で、転入してきた祐一の視点で今後の伏線を張りつつ校内の案内と舞と佐祐理、香里と北川のサブキャラの紹介が進む。あっ、舞はサブじゃないか。
下校後には栞との絡み、そして早いタイミングで真琴の強襲シーン。
各ヒロイン毎のブツ切りシナリオにしないためには、キャラ相互の関係を語らないとならないから早々のオールキャストはシリーズ構成の必然だろう。
これで東映アニメーション版の一部キャラの未消化・空気化の轍は踏まないと期待できる。
(筆者注:東映アニメーション版の出来はそれなりに評価している)

ヘタレな筆者は第2話で既に名雪・あゆの「覚えてる?」「約束だよ!」攻撃に心の痛みを覚えている。
無意識に忘れようとしていた祐一の7年前の記憶。忘れた事を咎められているような、それとも「業」を背負うかのような重い記憶の欠片。
この辺の重さがKey 作品でもあるのだが、再現性は充分すぎる。

第1話冒頭の名雪に引き続き、あゆからも「お帰り」を聞く事が出来た。
あゆが祐一のフルネームを思い出し、祐一もあゆを思い出した。
あゆの「帰ってきてくれたんだね!」
しかしそれは祐一が約束を覚えていたからではない。
その歯切れ悪さを感動の抱擁を避けたギャグで流したが、この先のあゆとの関係はギャグではなくなって行く事の暗示でもあろう。あゆとの別れの指きりが重い。

祐一の言う「同じ事を何度繰り返せば済むんだ!」これはエンディング曲「風の辿り着く場所」の詞に通じる。
これから祐一を触媒として、ヒロインたちの輪廻と転生が描かれて行く事になる。
担任の先生役に稲田徹。

現在のところ、音楽はゲーム曲そのままのようです。
「風の辿り着く場所」のフルバージョンの詞は、この作品の世界観を良く表しています。
このCD「Kanon Original Soundtrack」は、扱いが CD-ROM なので音楽CDの流通では探しにくいと思います。Amazon などで「ソフトウェア」ジャンルで検索の上、ぜひ聴いてみて下さい。

10/14追記
DVDの予約の勢いが凄まじい。
最終巻は来年の8月発売だと言うのにAmazonランクの20位以内に入っている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。