アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「普通に良かった」は誉め言葉ではないらしいが、第1話より安心して見られたのは単に馴染んできたからだろうか。
サブタイを読んだのは第1話に続きミア。第1話ではそれが自然な気がしたが今後もお当番なのだろうか。
察するにこのアニメ化では、サブキャラのいわゆる「お当番回」は無いような気がする。
この第2話を見て感じたのは、メインヒロインのフィーナの物語であると共に、姫を間近で別の視点から見つづけているミアの物語でもあること。
サブキャラメインに1話作るほどにはシリーズの尺が無いはずだし、バンッ!と中央に出られるよりは今回のようなさりげないミアの扱い方が好ましい。

フィーナがいよいよ登校の日の朝。
ある意味鷹揚な達哉と、落ち着かない麻衣との対比で上手くシナリオを動かしている。
対比といえば、硬いというかキャラの表情変化に乏しい作画の悪さをデフォルメキャラをタイミング良く切り替えてコントラストを出している点は評価できる。
これは原作のコンセプトを比較的良く引き継いでいる。
転入生フィーナが月の姫だと知った直後のクラスの硬い雰囲気から、翠と菜月をトリガーに打ち解けて行く変化の描写も自然。

さて、ミアはフィーナの登校にお供する気満々だったが、これはお役目に忠実な事と地球の学園生活に興味津々なのが半々。
朝霧家での部屋もフィーナと同室では恐縮して屋根裏部屋を片付けて収まる事になるが、ミアのキャラを表していて好ましい。自称アニメメイド評論家として言わせてもらえば、清楚なメイドこそ屋根裏部屋が良く似合う。

結局は理由をつけて昼食を学院に届けに参上するミア。
フィーナも言い付けを守らなかったミアを厳しく叱責せず、空腹を満たしてまとめたのはオーガストの原作の雰囲気を守っている。
そして微妙な擦れ違いの溝を埋める、深夜帰宅したフィーナへの「おかえり」と達哉の一言。
偽善的ではあるが、基本的に悪人がいない世界感にフィットしたシナリオ。

気になる点を挙げておく。
カメラマン高野の扱いが微妙。なんだかいい人になっている。
フィーナの母セフィリアとの関係を自らネタバラシしているが、早すぎないか?後半のキーパーソンであれば、今の段階は伏線をきちんと張っておくほうが良いのではないだろうか。
カレンも登場したが今後も扱いは大きくなさそう。
前話に続きリースが出ているが、何も絡まないので今は監視中ということか。
作画は諦めの境地。童夢はサンライズの系列になったのではないかと記憶しているが(所在地も上井草のほぼ向かい合った場所にある)こんなに酷かったかなあ。おねがい☆ティーチャー、ツインズの頃しか知らないが、もう少し良かったと思う。

なんだか第1話よりも随分甘い評価ではないかと我ながら思う。
派手さは無いが、しっかりとした絵コンテと演出(今回は高田耕一)に好感を持てた事が大きい。

夜明け前より瑠璃色な ミア編 (新書)
夜明け前より瑠璃色な ミア編 (新書)
ノベライズとして大変に良く出来ていますが、アニメから入った方はご注意を!
成人向けではありませんが、性的表現の挿絵が豊富です
中学生以下にはおすすめ出来ません
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。