アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自殺オフも中止。
引きこもりと言うよりも精神的・社会的童貞の佐藤には、リアルを突きつけられて己の現実を認識する痛い結末となった。外界の刺激は彼には強すぎた。
自らの命を断ち切る理由もなく、自らの生を切り開く勇気も無い佐藤に残されたものは何だったのか、この先のストーリーで語られて行くのだろう。

死への恐怖を改めて感じた佐藤の感情の矛先は岬に向かうが、この段階ではまだ佐藤の脳は陰謀に支配されている。擦れ違いで岬の計画に佐藤が不信をもっても致しからぬところだが、岬が受ける佐藤の感情は恐怖であるようだ。岬のトラウマとしてこの先のストーリーに絡んで来るのだろう。

生還した一行が宿泊したホテルの風呂掃除の老人、入浴客がいるところで掃除はしないと思うが、語らせるキャラが他にいなかったのだろう。この辺は工夫して欲しいところ。
この老人のキャストは大塚周夫。
自殺騒ぎが周囲=社会に与える迷惑を説く。

医大生とショタの家族が迎えにくる中、ショタが佐藤にオンラインゲームのパスを渡す。
次回予告から想像すると、佐藤の精神はネット世界に向かってしまうのではないか?
新たな引きこもりの燃料が投下された伏線だろう。

一番(今のところ)のマトモ人間、城ヶ崎と最低人間の瞳先輩のカップルは一緒に帰京。
瞳先輩は佐藤に謝るものの、佐藤が救われるはずも無い。殴れば良かったのに。
恐怖の代償は岬に向けた拳ではなく、瞳への決定的な決別でしか消化されないのに。
未だに瞳の説く陰謀に支配されているのだろう。
年の功か、佐藤の心中を察した峰岸が車で駅まで送ろうとしたところで、彼の息子が迎えに登場。
一人の佐藤に世間とのつながりの薄さが沁みる。

三田アパートへ戻った佐藤。
夏コミで体験版に3,000円の非常識な価格設定で売れ残った山崎の憤慨。
山崎も彼なりに、己の評価と世間のギャップを表して良い味出している。
岬の手紙に公園へ出向く佐藤。結局彼の居場所はそこなのか?
「おかえり」といってくれる存在が欲しいのか?
あれだけゴミ人間と蔑まれようとも。
そこに愛はあるのだろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。