アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元はPCゲームでPS2も発売予定。原作:オーガスト、キャラクター原案:べっかんこう
アニメーション制作は童夢、制作協力にメタフィジックピクチャーズとは「となグラ!」と同じ。
べっかんこうの柔らかな線をどのように表現できるか興味を持っていましたが、アニメに描き易いように省略されていて残念。
動きがあるカットでは気にならないが、モブは動かないしメインキャラの止め絵も多いので、そんなカットでは質感がなく雑に感じてしまう。
キャラデザは渡辺義弘、はいそうです、迷作Soul Link のキャラデザ&作監の方。

セピア調の宇宙戦闘シーンのしょぼさには泣けた。回顧シーンと言え、もう少し何とかならないものか。他作品と比べるのは野暮だが、GA2を見た後だから余計に差を感じる。
それこそ動画にせず、新聞やニュースの止め絵で逃げた方が良かったのでは?

音楽はオープニングの大藤史、エンディングのフィーナ(生天目仁美)、いずれもバラード。
雰囲気に合っているといえるけれども、もう少々緊迫感や高揚感が欲しかった。
これ、フロンティアワークスの制作かな?
少々ツボを外した作品が多い気がする(根拠なし)

監督:太田雅彦は知らない。構成・脚本のあおしまたかし、かしまし・かりんで名前を見た気がするが良く知らない。
構成・脚本・演出面に関しては多くを語るまい。
達哉が鼻をつまむのは親愛の証しとの設定を、麻衣との絡みやフィーナとの対面の際にも繰り返し登場させているが、とってつけたような印象が強い。
達哉と初対面ではない事は、初っ端から宇宙船内でフィーナがミアに語るところで、この設定と共に明示しているし、伏線整理が雑というか考えていないように見える。

細かなギャグや、お約束の崩しキャラなどの小ネタは悪くないと思うが、これもキャラの良さに助けられての事。シナリオもキャラも音楽も、あれだけ良い素材が揃っているのに、監督好みの濃厚ソースで提供されるのは勘弁。
原作になさそうなフィーナの許婚や対立する悪キャラの設定は、原作の世界観を崩してしまうのではないかと危惧する。

フィーナのドレスの裾から登場したトンデモ設定のカメラマンに関しては、後の重要なキャラであることを監督か脚本が雑誌で語っていたが、掴みの第1回で伏線にもならない登場のさせ方は失敗。いやらしさを感じさせる(エロの意味ではなく)演出でパーティーシーンは興ざめ。
TBSアニメフェスタの試写時、会場が急速に冷めた空気に包まれた事は記憶に新しい。

キャストはPS2と替わっていないようですね。
フィーナは少々重い感じの演技だが、これからの生活で変わってゆくのだろう。
ミアはPC版では成瀬未亜だった。彼女はこの名義で今期「はぴねす!」に出ている。PS2・アニメ・TBSアニメフェスタは野々瀬ミオ名義。
麻衣は後藤麻衣。この名義での出演は少ない。この名前の麻衣はこの作品から取ったのではないだろうか。今期はこの名義で「はぴねす!」に出ている。

今後の話はフィーナがメインで進むのだろうが、顔見世にしては他のキャラがビンビンに立っているので、シナリオの弱さを補って余りある。
ミアのオロオロ感は良く表現されていた。他のキャラも掴みはOKだろう。
エンディング直前にリースも登場し、以後早い展開で進むのか?

  嬉しさも中くらいなり姫の望月(字余り)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。