アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンタブレイン本社でのイベントで行われた試写で第1話の感想は書いたので、簡単に。
キャラ原案、西又葵御大のデザインは比較的忠実に再現されている。西又ファンならば納得だと思うが、なおさら個体識別に苦労する。
キャラへの愛が足りないと言われればそれまでだが、忍耐も足りないのかもしれない。

足りないと言えば「(3期メンバーは)今のままじゃ足りない」とプロダクション社長が言っていたが、ホントに人数が足りないので、2名追加の伏線をあからさまにしてきたのにはビックリ。
深夜?渋谷丸井の路上で歌う瑞樹とマネージャー妹の瑠璃が追加されるのは明白。

もう一つ足りないと言えば、その金髪ツインテール妹の瑠璃にロリが足りない。
演出も演技も「お兄ちゃん好きすきッ子」の設定の割には甘え成分が足りない。
第1話はキャラの顔見世興行だからこんなものか?

Aパートのライブシーンを2曲6分も引っ張ったが、いきなり挿入歌の販促プロモーションとは恐れ入る。他にも瑞樹の生アカペラ挿入歌「果てしのない空」と歌曲は豊富。
野川さくらの唄うオープニング曲「恋、はじめました!」は、少し懐かしいバリバリのアイドルソング。筒美京平のリスペクトっぽい感じ。

製作委員会にフィフスアベニューが入っているが、アニメ制作のティー・エヌ・ケイの関連会社。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。