アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦争編と帰還編を1話に圧縮した慌ただしさと、各キャラの始末が中途半端で救われない感じは強いが、ヒロインルイズと才人の物語にフォーカスすれば納得の締め方。
結局は才人は帰還せず、トリステインで下僕と犬とパンツ洗いの苦難な道を選んだわけだが、虚無の使い手ルイズに従う使い魔として認められたのは幸いだろう。
しかし、チャラチャラとシエスタと遊んでると鞭打ち・メシ抜きは変わらないのだろう。

アバンからAパートは、3日後の日蝕に帰還するつもりの才人とルイズの強がり、レコンキスタと戦争準備をするトリステイン王国を描く。
ルイズは「さよなら」と書き置きし、アンリエッタの下へ志願兵に。
才人を「クビッ!」て言われてもなあ、犬なんだから最後まで面倒見ないと。でもこの時点では才人を引き止める罪を犯したくない、才人を自由にさせたい気持ちが強いのだろう。顔で怒って心で泣くツンデレの権化。

このシリーズでのアンリエッタの最大の見せ場は、悩殺戦闘服。これで敵兵の目を潰す作戦だ。
しかも大きいし(何が?)いや、でも本当に良かったです(やっぱりXXです、ルイズ様)
ただ、ウェールズの弔い合戦としての気合いは弱く感じた。
川澄綾子も凛とした威厳を感じる演技で、セイバーよりはこちらの演技が良いと思う。
堀江由衣はちょっと演技に見せ場がなかったかな。収録時期に他作品が複数あったのが影響してるか?
キャラ設定で黒いところ、と言うか情愛の深さが描き足りないのも原因。

結局バカ犬はゼロ戦で飛び立つんだが、トリステイン軍が苦戦中の戦場へ・・・
機首の「辰」のマークは「竜」と同じ意味なんでしょうね。
ワルドとフーケの反撃に、キュルケ・タバサ・ギーシュの・シルフィードの応援を得るが、機銃は弾切れ。
才人を追う気持ちがルイズの力を解放したのか「虚無のルイズ」覚醒、敵艦粉砕。
ルイズの瞳がうつろで曇る絵コンテだが、物足りない。
クロムウェルもギーシュに簡単に倒されるのはギャグだが、ギーシュらしい締めくくり。
櫻井孝宏もキャラにマッチした演技だった。

井上奈々子はこの作品で初めて認識したが、なかなかキュルケの魅力を良く引き出す演技だったと思う。
猪口有佳はこの作品は無口キャラなので、彼女の魅力が伝わりにくい。次は「護くんに女神の祝福を!」の出演もあるので期待。
その「護くんに女神の祝福を!」でツンデレヒロイン演じる高橋美佳子のモンモランシーの演技は安定してたが、ツンデレはどうかな?

まあ、それでも「アホ!バカ犬!」と罵倒しつつも、再契約の強制キスでまた下僕に使ってくださる事になりました(なんだか自分が再契約したような気になっているのだが、これは第二期へのお布施を求められているのだろうか・・・)
第二期・・・あるんでしょうかねえ。
原作はあるようだから、関連グッズのセールス次第でしょうか。
最終話のまとめ方は「俺たちの戦いはまだ終わらない!」って感じですから、再開は容易そうではある。

いずれにせよ全国で1万人くらい、この作品のおかげでM気質が覚醒した事でしょう。
シリーズ構成が少し無理があった感じと、脚本に波があったのは惜しいが、ツンデレ+SMのダブルトッピングで新たな地平を開拓した作品でした。
同時に釘宮理恵のツンデレ+S演技の良さを再確認した作品でもありました。

エンディングはルイズの「ホントノキモチ」に乗って、才人を探すルイズ、シエスタにうつつを抜かす才人、お約束の鞭打ち、そして「イヌ―――――――ッ!」で締めてくださいました。
またお会いできる日を、全国数万のイヌたちがお待ちしております、ルイズ様。

ゼロの使い魔 小悪魔と春風の協奏曲(コンチェルト)
ゼロの使い魔 小悪魔と春風の協奏曲 初回限定版 特典 オリジナルデスクトップアクセサリー付き

アニメのゲーム化は感心しないものが多いなかで、東京ゲームショウでのデモの感じでは出来が良さそう。おすすめ。
アニメを見たファンなら、ニヤニヤしながら楽しめると思います。
ゲームオリジナルキャラも登場します。女子校生キャラ(セーラー服のシエスタではない)もいますが、誰かに召還された設定とか?

限定版の特典「おはようからおやすみまで!? ひたすらにサイトを叱りつけるルイズのお叱りCD」これだけでも価値がある!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。