アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「らぶドル」完成披露試写会での感想。アフレコは順調の模様。
監督 : 元永慶太郎 キャラデザ・総作監 : 平山まどか・堀井久美 元のスタジオエックスのメンバーで「To Heart R」で記憶に残る。
上江洲誠と音響監督: 蝦名恭範「あまえないでよ」で元永監督つながりか?

「らぶドル」はコミック連載とドラマCD・PS2ゲームなとが発売されており、今回アニメへメディアミックス展開。
登場キャラも第1期、第2期ときてアニメでは第3期メンバーのデビューから描く。第2期メンバーも登場(第1話で野川さくらが兼役している)

最大の見どころは一部で「判子絵」と評される西又葵の原画キャラを、制作側が如何に描き分けるか vs 視聴者が如何に見分けられるかが焦点になろう。
「SHUFFLE!」の時は鈴平ひろ原画キャラもあったので、何とかなった。今回は最低数でも第2期メンバーと第3期メンバー合わせて12人の描き分けで収拾がつかなくなることを予感させる。
事実、西又葵もイベントでは「第3期の3人は公募キャラなのでアレンジで済んだが、残り3人のキャラには苦労した」と語っていた。

それを受けてキャラデザが出来るのか?
平山まどか・堀井久美コンビだから何とかなるような気もするが・・・何ともならないかな
試写見ての結論。視聴者は「キャラの髪の色で何とか見分けろ+声オタはCVで何とかしろ」視聴に努力を要求してきます。
イベントアンケートの質問欄に西又葵御大に「髪の色の違いには何か意味があるのですか?」と書いたのは私です(笑)

画面は16:9だが、アニメは止め絵のパンとエフェクト多用。そんなに悪くは無い。
アニメーション制作はティー・エヌ・ケー&AICの練馬連合だが、AICも「To Heart R」つながりか?ロボットモノで有名だった制作会社。

キャスティングは色々の思惑の結果か?
ドラマCDとか出てるから野川さくら主役とラムズからのセット売りで酒井香奈子。avex はランチティスからハルヒの貸しを回収したい茅原実里とアルバム出した桃井はるこ、Navelとランティスで後藤邑子、Navelは荻原秀樹と竹間千ノ美、ランティスは中原麻衣。

第1話はいきなりのイベントステージ風景。良く見てゆくと第2期メンバーのステージ。
アイドルアニメをプロモする劇中劇かと思うほど延々と続く。確かに歌が多い。
この場で第3期メンバーを発表するらしいが、突然のキャンセル。
その理由を理解するために第3期メンバー(この時は4人)とマネージャー(CV:荻原秀樹)の活躍が始まる?
マネージャーの妹、藤沢瑠璃役で酒井香奈子の出番が多かったが、ブラコンキャラへの期待から少し外れた演技になっている。
そのお兄ちゃんは荻原秀樹が演じるが「Soul Link」の涼太の演技を思い出すと近い。たぶんヘタレキャラ。
瑞樹(CV野川さくら)は無口、ストリートミュージシャン。劇中歌が多い。今回はアフレコ中に生収録した1曲あり。ツンデレらしい。
瑠璃と瑞樹は、この時点ではまだラブドル3期メンバーではない。

琴葉(CV中原麻衣)は受け身、押しに弱い大和なでしこ。黒化すると面白いキャラなのだが、果たして?
舞(CV:桃井はるこ)ちびっこゴスロリキャラ。年上型妹系、年に似合わず世話焼き。桃井はるこにはあってるキャラかも。そう言えばアニメ出演はマジカノ以来だと言ってた。
海羽(CV:後藤邑子)名前は「みう」と読む。ポジティブでマイペースなミュージカル好き。演技は少しクレバーな感じ、ぽんこつではない。
比奈(CV:茅原実里)双子の姉が第1期メンバー。ON と OFFのギャップを意識して演技したいと語っていた。無口キャラではない。

第1話の掴みは悪くない。肩の力を抜いてアイドルサクセスストーリーを楽しむのには良い。

「らぶドル」番宣番組が始まっています。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。