アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤道斎の中身は邪星だと、わかり易いネタバラシ。
薫が赤道斎と組むだろう事まで予想し、薫の人生全てを否定するかのような邪星のシナリオが鮮やか過ぎて居心地の悪さを覚える。
薫は「啓太が何とかしてくれるから」と希望を残して消えたが、そこまで信頼する理由が幼時の体験だけでは弱いし、10匹のいぬかみたちを率いる者としての芯も弱い。
ようこがなでしこに言うように「一人だけ」ではないところが薫の弱点でもあったのだろう。

なでしこの絶望を描ききれていない。薫が消えた後でも比較的平静な怒りで描写しているが、凄みが足りないし、唐突に強さが増す点もコメディになりかねない。
なでしこの絶望には狂気も伴なわないと、「いかずのなでしこ」「やらず(たぶん殺らず)のなでしこ」として隠されてきた力を披露するのには充分でない。
街の一つや二つ消し去るほどの狂気を見せないから、薫の幻影に惑わされて中途半端に終わる。
なでしこの「業」を浄化するのは、狂おしいほどの絶望の後に訪れる希望でしかないのだが。

黒は徹底的に黒く描いてこそ美しいし、その色が変化する様を描くのがドラマ。
それを描かないから、なでしこが単なる我が侭で独占欲の強い嫌な女で終わってしまう。

戦闘シーンは出来の悪いドラゴンボールのようで、しかも冗長。
せんだんを筆頭として奮闘涙ぐましいが、戦力の差は歴然で痛ましいだけ。
一応それぞれに見せ場があるが、邪星の力の前では死亡フラグばかり立っている。
そう言えば、犬に変身しないのか?仲間内での戦いのときだけなのか?
「戦うメイド」好きとしては犬になるのは嫌だが、結局なでしことともはねは犬に変身していない。

なでしこを平手打ちのようこのシーン含め、スポ根モノだ。
前回までにようこの過去となでしこの因縁を匂わせながらも伏線回収していないから、この辺の触れあいに深みが無い。

今回は(前回から)キャラデザ・シナリオ・絵コンテとも邪星の仕業か、絶望の淵。
最終回は変態に救われるのか?それではいぬかみたち形無しではないか。
最後は啓太とようこが締めるのだろうが、絶望の後の希望が変態とは・・・

え?劇場版って何ですか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。