アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日課の「カウンセリング」ごっこの他に中華街での食事、花火大会と引きこもりとは思えない佐藤の活躍。岬とは本当の恋人同士に見えなくもない。
岬への想いに脳内を占拠され、無垢な男が恋に落ちて行く様子はシュールでもある。
まるで乙女の初恋のようでもあるが、恋に胸がはちきれそうなのが乙女なら、佐藤の場合は妄想で脳が破裂しそうなところが大きな違いか。

その妄想が拡大する反面、対象の岬の事を何も知らない自分に気がつく佐藤。
岬は佐藤の事を血液型から親の名まで知っているというのに。
岬の目的は?疑問の自答が陰謀への懐疑と変化してゆく。
Bパートへ続きミステリックな展開。

山崎も3次元でのリアル交際が順調かと思っていたら、待ち合わせ場所に他の男がいたというイタイ結末。代替行為で2次元キャラだけを愛せる山崎が復活か。
決して付き合いたいキャラではないが、何故か応援したくなるのは山崎がオタクの代表として3次元と戦っているからかも。

バイト帰りの岬を尾行する佐藤と山崎。
彼女の帰る場所が丘の頂上にある、公園も佐藤たちのアパートも見下ろせる家。
言い換えると佐藤の行動範囲を監視できる家。
多摩丘陵の風景を生かした設定で、生田や三田の辺りには似たような景色が多い。
この作品がヒットしたとしても、佐藤と岬ちゃんの「聖地」などと呼ばれて巡礼者が訪れる事は絶対ないだろうが。

さて、中年女性と連れ立って自宅を出た岬が向かうのは宗教団体風の集会。
集会後に出てきたのは無機質な表情の岬。
この先、佐藤はN・H・Kの陰謀を思い込み引きこもりが悪化するのか、または悪の宗教団体から岬を開放するヒーローを目指すのか、転機が来そうなシリーズ中盤を迎える。
でも素直に引きこもり脱出、岬ちゃんとラブラブなんてシナリオは絶対ないだろう。柏瞳先輩も絡んでくるだろうか。
きっと佐藤を暗黒面に突き落とす展開があると予想する。

公園で猫に餌をあげるシーンで岬が言った「欲しがっているものをあげてる間は、きっと私のこと覚えていてくれるよ」
岬はこれを猫=佐藤に置き換えて言ったのだろう。
佐藤が望む「引きこもりからの脱出」の手助けをしているつもりの岬のカウンセリング。
だがこれは岬の自己満足でもあり、自らの救いでもあるのだろう。
目的をもって他人と関われる間は引きこもりではない、と言うのならその通り。インチキくさいカウンセリングも二人にとって効果無しとはいえない。

しかし陰謀と思い込んだ佐藤からは一方的に「お前の顔なんか二度と見たくない」と絶縁宣言。
岬に対して「お前の持っているもので欲しいものなんかない」と同義語。
これを受けて岬の喪失感がどのように描かれるのかも見もの。

苦言としては、岬ちゃんの服のバリエーションが少ないのはいかがなものかと思う。
そろそろ見ているほうも陰鬱になってきた。気分転換のリゾートネタがこの先あるようだが、ダークサイドに堕ちないためにも岬ちゃんの妄想自慰とか柏先輩のエロネタでも投入希望。

初回完全限定版 NHKにようこそ!第6巻(佐藤と山崎が制作したPCゲーム「True World」付き)
新刊コミックに全年齢対象の美少女ゲームが付録です。実際のゲーム制作はサーカスです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。