アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隠された薫の秘密と決戦本番への前哨戦、ツナギの回で取りたてて見るべきところは少ない。
内容に不満を述べているわけではなくて「いぬかみっ!」らしからぬ、変態ドタバタも少なく平穏に見られた回だと思っている。
別に象さんがしょんぼりしぼむほど、シナリオは悪い出来ではない。
戦闘シーンは退屈だったが全体の作画は良く、キャラも崩れていない。キャラ原案の若月作風に見えるところもあり。

・赤道斎との裏取引を隠したままの薫となでしこ
・それに気付くようことなでしこの争い
・薫を止める啓太との争い
・真実を知らぬ薫のいぬかみたちと邪霊との戦い
・赤道斎と大妖狐の戦闘
・そして赤道斎により、人形に封じ込められた大妖狐

赤道斎x大妖狐の戦闘は熱い告白から始まるが、セリフは変態的に聞こえつつも絵は至ってノーマルでもったいない。いっそBL風に絵コンテ切ったら面白いのに。
そうでなければ「熱く濃い」男同士のバトルで、北斗の拳のオマージュでも。
そういえば千葉さん(河原崎先輩)の出番は今回無かったな。

裏取引実行のため赤道斎の援護に向かう薫となでしこ。
そこに出会った啓太とようこを誤魔化すため、偽情報で薫から引き離すなでしこだが、ようこは気付いたね。たしかこの二人(二匹)以前から因縁があるんだったかな。
他のいぬかみたちは邪霊と戦っているが、今回は完全にサブキャラポジション。
ようこが段々と正ヒロインらしくなって来つつ、なでしこの裏ヒロイン的な振る舞いとのコントラストで締まった構成になっている。これは啓太と薫も同様な関係。
各エピソード毎に、ヒロインとサブを明確にキャラ立てしている美点は崩していない。

薫がいぬかみたちの前で真実を語ろうと「僕はね・・・」で終わる。
これでは「続きはDVDに収録」の某作品のように最終回かと思うではないか。
次回は仮名さんが見つけた大殺界に乗り込むのか。

以下、落書きが続きます・・・

いぬかみっ! VOL2っ!! =特装版=
いぬかみっ!キャラクターコレクションCD(7) ごきょうや・フラノ・てんそう&啓太
by AffiliSearch
薫の秘密となでしこの真実を整理したら、何も解決せずに最終回でも良いと思う。第二期へ丸投げでも構わない。
幼児化した啓太をようこが育て、15年後から始まるのはどうだろう。
その15年間のようこの愛と悲しみ、傷心(多分)のなでしこのエピソードをはさんで構成すると面白いんだけどな。
他のいぬかみたちも年齢の加速はユルイから外形的には大丈夫。
人間の方は仮名さんは今の赤道斎くらいになってるか、でも宗家は・・・
シナリオ二次創作してみようかな。

有沢先生、このネタ使っても構いませんけど。

以上、戯言でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。