アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏といえば海・プールと来て、定番の水着満載のお約束回を展開してくれるかと思ったが、やっぱりこの作品は病んでいる(w
夏コミは許そう。だが傷心と飲み会の勢いで、今からギャルゲを完成させ出展するという目的のすり替えが巧みだよ、山崎。
言い訳するうちは可愛いものだが、少し困難な課題に対して別の目標を勝手に見つけ、ナナメの方向に全力(のように見せて)で駆け出すようになると、ちょっと食えない奴になる。
二次元オタの山崎と自称引きこもりの佐藤は、同根なのかも知れない。

今回は、山崎を二次元美少女に向かわせたトラウマが明かされる。
幼い初恋の相手への花火大会の誘いを「都合が悪い」と断られた山崎。
その花火大会で山崎が目にしたのは、見知らぬ男と手をつなぐ彼女。
夜店のお面で顔を隠し、その場を去った傷心の山崎は今でも心に仮面をしたまま。
屈折した心がリアル女性への嫌悪感となって表れる。

一方の精神童貞佐藤は、カウンセリング中にも、ゲームキャラ見てもも岬ちゃんに妄想。
山崎に言われるまでも無く、それは恋だよ佐藤君。
果たして電波・クスリの柏先輩のトラウマは断ち切れるのか?
でもこの後、先輩の再登場でひと波乱あるだろう。
「日本には恋愛なんてなくて、見合いと夜這いだけ」と言う山崎の指摘はごもっとも。夜這いして見合いしての順だろうけれど。
しかし過去のムラ社会では成り立つが、これだと現代のオタと引きこもりは電波先輩や岬ちゃんの罠にかかるか、素人童貞で過ごすしかなくなる。

花火大会に誘った奈々子ちゃんには「都合が悪い」と断られ、またもや傷心の山崎だが、都合がついたと奈々子ちゃんから誘いの電話。
一人不貞寝する佐藤には、岬ちゃんから花火大会へのお誘い。手をつないだりして。
まだ岬ちゃんの素性も知らない佐藤だが、本能が知らせる「あいつに深入りするのは危険だ!」
しかし「こんな罠ならいいかもしれない」こうして男は堕ちて行く。
女が企み動かす世界で、男の欲望と妄想と錯覚が織り成すシリアスアニメになってきました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。