アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょこも綾乃さんも管理人さんも、皆のすれ違いを描いた第7話。
ヒロインたちが自らの存在を賭けて戦いに挑む、のか?
「戦いってなんですか?」ってちょこに聞かれそうだが、あんちょこに書いてあるはず。
冒頭からちょこは勝負ブラ・勝負パンツとおしゃれして気合い充分。
綾乃さんとデートするはるまについて行く気だ。

はるまはちょこの気持ちには鈍感にキャラ立てされている。
この作品は一般コミックが原作だが、ハーレムエロゲ主人公に良くあるタイプ。
神に望んでまでして手に入れながら、日常でその大切さを感じることなく、失って初めて気付くパターンかな。
1クールアニメだと仕方ないのだろうが、ヒロインたちとのイベントをこなして行かないと話が進まないタイプのシナリオ。
例えが古くて恐縮だが「めぞん一刻」の設定で「同級生」のシナリオをプレイしている気がしてくる。

はるまは綾乃さんと江古田駅で待ち合わせ、有楽町マリオンへ。
置いてきぼりでしょんぼりのちょこは公園でヤケ食い。駆(カケル)が登場するが絡みが弱いので、ちょこしょんぼり納まらず。
駆も女性の怒りを収めるのは容易ではないと、幼くして悟った事だろう。

はるまと綾乃も銀座辺りのレストラン出たところで、ちょっと修羅場。
綾乃 vs 長野に帰るイラストレーター(元カレ)
綾乃 vs 管理人さん(はるまに片思い)
はるまが中心のようで、実は綾乃さん中心に無言で火花が散るバトルでした。
まあ、ここまでで判るのは綾乃さんは元カレへの思いは切れないって事。
はるまに対しては、近所づきあい以上の好意が感じられない。

珠美先輩にバイトを頼まれるシーンは冗長。
もう少しキャラ立て考えないと、珠美先輩は勝手で嫌な女にしかならない。
真琴と珠美先輩をちょっと掘り下げないと、サブキャラというよりモブキャラで終わってしまいそう。
お土産なしのはるまに、ちょこ不機嫌。
公園でちょこと出会った管理人さんは一緒に夕食、遅く帰宅したはるまは昨日忘れてたケーキのお土産。

僅かながら救いがあるエンドだが、ちょこも管理人さんも不幸臭漂ってきました。ハーレムなどではなく、不幸の連鎖の中心にはるまがいると言ったら言い過ぎか。

テレビアニメーション「ちょこッとSister」あんちょこ 2冊目(Under Chocottosister File.TWO)
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。