アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結構複雑な構成を上手にまとめた印象がある。
サブタイトルこそ「タバサの秘密」となっているけれど、才人の世界とつなぐヒントかシエスタの祖先の話や、「飲み物」で関連付けたタバサの母の過去話とモンモランシの惚れ薬など、複数の軸を巧みにまとめ、伏線も後半に向けて整理している。

アンリエッタに依頼されたアルバイトから戻ったルイズと才人。例のピスチェを貰えた訳ではないのだろう。
入れ違いにタバサとキュルケはタバサの実家へ向かう。

過去話を執事がキュルケに聞かせる形で話が進むが、一工夫欲しいところ。
おしゃべりな執事は、主の信頼に欠ける。
タバサはガリア王国の王族で真名がシャルロット。
母は幼い頃のタバサを謀略から救うため、敢えて魔法の毒飲料を飲み狂う。
元々タバサと名付けた人形をシャルロットと思い、その胸に抱く。
シャルロットは人形の名タバサを名乗りトリステインで暮らす、悲しさが滲んでいる。
この悲しさもキュルケの友情を感じさせる事で視聴者は多少救われるが、勅命の厄介ごと(魔物退治だろうか)が待ち構えていて、次週へ。

メガネッ娘でない頃のタバサに「(メガネ)してないほうが可愛いと思うぞ」 と一人ツッコミしていた方は全国に800人くらいいただろうか・・・

こちらは学院に戻って、いつものパンツ洗いの使い魔に戻った才人。
大釜の露天風呂で才人は「夜のお楽しみ」中に通りかかったシエスタに露出プレイ。
シエスタもシエスタで才人の「一緒に入る?」に「いいんですか?」って服も濡らしたエロゲ的展開。
ここでのポイントは、入浴中のシエスタの巨乳ではなく、シエスタってホントは黒いんじゃない?って事でもなく、熱い五右衛門風呂に平気で触れている事でもなく、なぜか逃げ出すルイズでもない。
重要なのが才人の話にシエスタの言う「ひいおじいちゃんの話みたい」「異世界から来た」「空から降ってきた」
これがエロ本やロケットランチャーとつながり、才人が戻る伏線になるのだろう。

浮気なギーシュを一途に向ける作戦か、モンモランシーが惚れ薬を飲み物に混ぜる。
逃げ出してきたルイズが、それを取り上げ一気飲み。
ルイズの才人へのデレ告白が爆発し収束するわけもなく次回へ。

複数の伏線を細かく構成した今回はルイズの弩級S成分が減って残念だが、それでも馬上の肘打ちとキュルケの胸に頬を緩ます才人への足蹴はフォローしてくれます。
ルイズが行き場の無い気持ちを才人に向けてデレ分全開になるか、タバサ&キュルケの戦いは?次回も待ち遠しい。久しぶりかなあ、次が待ち遠しい作品って。
「涼宮ハルヒの憂鬱」はシリーズ構成の意外性込みで次回への期待が大きかったが、他に今年の作品だと「マジカノ」に次ぐ待ち遠しさ。

「ゼロの使い魔」キャラクターCD4 シエスタ&アンリエッタ編
「ゼロの使い魔」キャラクターCD3 タバサ&キュルケ編
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。