アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメ学院で笑われた事で、全人格を否定されたように受け取った佐藤の引きこもりが始まる。
電話や外出など外界との接触を極力避けるのだが、元から死ぬ気は無いから、生存に必要な最低限の接触は保っている。
佐藤の場合は、チャッカリ手数料を取ってコンビ二に買い出ししてくれる山崎が最低限の絆。
まあ、ギリギリまでウソに嘘を重ねて身動きが取れなくなって、神・天使・悪魔・誰でもいいから救いの手を待つ佐藤のことだから、ライフライン山崎にも夏風邪で寝込んでいると、自己の状況を正当化している。
この妄想の才能こそシナリオ作成に向かわせると開花する事もあるのだが、発想の指向をネガからポジに反転するエネルギーは膨大に必要で、一旦ポジになっても簡単にネガに反転する。
ギャルゲ―やアキバなど佐藤を浮揚させはしたが、まだエネルギーが足りない。

3次元のリアル恋愛感情も瞳先輩(柏瞳)に気持ちは向かうものの、過去の呪縛から逃れないし、現在の瞳先輩はクスリ濫用、そしてホテルでの何者かとの情事を想起するシーンも。
岬に対しては、妄想の世界でのエロ対象でしかなく、擬似デートでは胸が腕に当たる感触だけで舞い上がる。擬似デートとはいえ、映画館でホラー見ておきながら岬ちゃんの手も握らないってのはマナー違反だぞ、佐藤。
岬ちゃん、もう一度言ってやりなよ「佐藤君って(精神的)童貞でしょ!」

岬も山崎も純粋に佐藤の現実・未来と向き合うわけではなく、利害の一致する点だけで舞台が動いているのは当然だろう。
瞳先輩など、佐藤の過去にしか向き合っていないように見える。
そんな現実に、突然に母親上京の連絡が・・・
ある意味心地よいモラトリアム生活の幕引きが怖くて、就職は決まった、恋人はいるなど口からでまかせを母親に言うが、こんな嘘でも信じて喜んでくれるリアルな親がいる事実が大切だよ、佐藤。

母親に嘘がばれないように名刺を作ったり擬似恋人を作ったりと、そんなエネルギーを他に使えよと言いたくなるが、それが佐藤の常識。
佐藤の魂を救済するのは、天使(堕天使か?)の岬なのか?いや、岬こそ救済を求めて佐藤に近づいているのか。それとも瞳先輩がほろ苦い現実に目覚めさせてくれるのだろうか。
セーラー服を着た山崎ってことは無いだろうけど(苦笑)

次回、母親と対峙する佐藤、そして擬似恋人の岬に注目。

NHKにようこそ! (4)
NHKにようこそ!(4) 【初回限定版】岬ちゃんお出かけ脱衣パック
初回完全限定版 NHKにようこそ!第6巻
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。