アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・「Kanon」

期待の京都アニメーションによるリニューアル編、2クール予定。
前作の東映アニメーション版、ゲーム原作、初めての視聴者、そして京アニ信者、やっかいな4方面同時作戦を展開した格好だが、第1話を見る限り仕上がりは良好だと感じる。

癖のある樋上いたる原画のエッセンスを殺すことなく、アニメ向きにデザインしたのは池田和美。
特に祐一のデザインは前作の雑な感じからスマートになった。
どのキャラもアゴがマイルドになっている。

キャラクターボイスは女性陣は変更なし。
名雪が心配だったのだが、杞憂だったようだ。
祐一は杉田智和に変更。モノローグが多いのでキョンの演技と比較されそうだ。

第1話は原作ゲーム、東映版と比べても大きく異なる印象は無い。
まして第1話から劇中劇で電波ソング流すような、奇をてらう構成ではない。穏やかな始まり。
しかし京アニらしく雪国特有の景色、除雪機などの道具、電車の走行などの描写に手は抜いていない。
大きな違いはサブキャラとの接近遭遇を第1話からちりばめており、主要キャストのほとんどが登場する。真琴は人ではなかったが・・・
音楽はゲーム版と同じ。劇伴も同様。

夏コミに続き、今回も販売ブースではKanonの人気が低かったが、4方面の皆は様子見状態で、今は無理だろう。
後半に向かって人気が出る作品だと思う。

・「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」

雑誌の情報などでは、柔らかでふくらみがありながら、切れの良いべっかんこう原画をアニメ向けに省略した感じで不安だったが、動画になってみると悪く無い。

冒頭のセピア調の戦争回顧シーンが冗長に思える反面、フィーナが地球にホームステイに来る理由が不十分に感じた。まあ、これからの展開で説明されるのだろう。
フィーナがメインだが、初っ端から麻衣や菜月らのサブキャラが立っている。
ギャグも崩しキャラ絵もツボさえ外さなければ良い感じで飛ばしているが、カメラマンのパンチラ撮影は蛇足。このあたりの視聴者の空気読めずにバランスを崩すと、ファンから糞呼ばわりされる可能性もあるので注意されたい。

キャラクターボイスは生天目仁美のフィーナは序盤は重くて、静馬様を連想させたが、王女だし今後の展開で変わってゆくだろうから、この程度でよいのかもしれない。

・「009-1」

石ノ森章太郎の古典を見られるレベルまでには仕上げている。
残念ながら他の番組とバッティングすると、プライオリティは下がりそうだ。

・「ウインターガーデン」

事前情報が無い作品。前編を試写。
ヒロインの声はすぐに真田アサミだと気がついたのだが、しっかり者のツッコミタイプ妹は沢城みゆきだろうなとは思っていましたが、でじことぷちこの10年後の姿とは。
タイトルは松田聖子の初期のアルバム収録曲から。
ギャグは薄いし「にょ」とは言わないけど、前作と関係なく見ても違和感なし、ちょっと良い恋のお話。
でじこだけではじれったい恋の行方も、ぷちこのツッコミで生き生きとしてくる。

・「ローゼンメイデン オーベルテューレ」
情報統制が厳しい感じ。
アリプロの曲に乗せてオープニングデモが流れたが、水銀燈メインで対抗に真紅か?
ドイツ語のサブタイがキーになるもよう。

・「あさっての方向」

大人になりたい五百川からだ(小6)とからだの兄、尋との過去の恋を引きずる野上椒子を中心に描いた第1回は、願い石のおかげか、からだが大人に、淑子が子供になるところで終わる。
収録は第1回が終わっただけ。作画は良さそう(J.C.STAFF)
原作付きで、ひと夏の出来事を描いた作品のようだが、どのような方向にシナリオを振ってくるのかで評価が分かれそう。
冒頭はAIRを思い出させた。

イベント全体の感想はこちらの記事をご覧下さい。

Kanon prelude
Kanon ベスト版
デ・ジ・キャラットにょ プリンセススクールBOX
夜明け前より瑠璃色な フィーナ・ファム・アーシュライト (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
SRDX ローゼンメイデン・トロイメント 水銀燈
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。