アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバンから飛ばしてくれますね。下僕&犬を黒ニーソで足蹴にしてくださるルイズお嬢様。
フーケによって盗まれた「破壊の杖」
伏線の張り方と示唆するカットによって大多数の視聴者はフーケ=秘書さん(ミス・ロングビル)だと気付いていたことだろう。

警備の手薄なところを狙われた遠因で、アンリエッタ王女の責任を問われる事態になるような気配で、奪還作戦にルイズが志願。そしてキュルケとタバサを加え3人組(もちろん使い魔も)で、ロングビルが同伴で怪しい小屋へ乗り込む。
破壊の杖を盗んだものの使い方がわからないフーケ=ロングビルの計画で、見つけさせておいて使い方を盗もうとの魂胆。

ゴーレムとの戦闘シーンではタバサの風系統、キュルケの炎系統の魔法は効かないらしい。
ルイズも無茶するが、才人が間一髪助ける。
ルイズの「敵に後ろを見せないのが貴族」と貴族・平民論が出るが、才人がルイズを平手打ち。
無粋な婦人団体からの抗議を心配するよりも、この平手打ちでルイズのM属性が目覚めたらどうしよう、と本気で思った人は他にもいるだろう。

キュルケからもらった剣では、才人の使い魔の刻印ルーン文字は反応しなかった。飾りという事か。
デルフリンガーではルーンが発動するものの、切り倒したゴーレムは自己再生し決着がつかない。
ルイズが破壊の杖を振り回すところは可愛らしいが、ゴーレムに襲われるピンチ。
才人が破壊の杖=ロケットランチャー(対戦車砲だな)でゴーレムを粉砕。才人が自分の世界の兵器だと気がつくが、難なく使いこなせたのは謎。
ルーン発動と関係があるんだろう。
フーケ=ロングビルが破壊の杖を手にしたが充填されていないとは知らず、才人の抜身で倒された。この秘書さん Soul Linkのセラリア先生を想い出させる。

今回の奪還作戦での活躍を認められたルイズたちにパーティーのご褒美。
ロケットランチャーに才人が元の世界に戻るヒントがあるか、学院長に破壊の杖の謂れを尋ねるが、持ち主は何も語らずに死んだらしい。
「才人、戻らなくたっていいじゃない。死ぬまでずっと私のそばにいてちょうだい!」とデレのルイズ様に言われる最終回でも良いのだが。才人が元の世界の戻り離別エンド、次にルイズが才人の世界に転移する第二期でもいいな。

Aパートの杖探索&戦闘部分からBパート後半のパーティーまで、たいそう良い構成のツンデレ第6話でした。

この先の展開、もっと激しく足蹴にしてくれてもMの視聴者はついて行きますが、ルイズにデレが見え始めた現在、この辺のルイズの心情をどんな脚本で書いてくれるか楽しみ。
お前はツンデレ嫌いじゃないのか?
ご指摘はごもっともなのですが、ツンデレブームに乗った「ツンツン・デレデレ」が嫌いなだけで、イベントを混ぜながら時間経過と心情変化をニヤニヤと楽しむ正統ツンデレ作品は好きです。
広い意味では「ギャップ萌え」

ルイズの気持ちをいちばん表しているのは、このキャラソンでしょう。
「ゼロの使い魔」エンディングテーマ 「ホントノキモチ」
by AffiliSearch

今年2番目にお薦めするキャラソンです(1番目は巨乳ぽんこつ未来人の劇中歌ですが、なにか?)

今後もキュルケやシエスタとライバルにやきもきしながら、ツンとデレを繰り返すルイズ様を見てみたいもの。伏兵のアンリエッタとタバサも控えていますので、そちらも効果的に登場させていただきたいところです。
足蹴だけでなく、黒ニーソ足舐めを犬に命じていただいても結構ですが。
黒ニーソで才人を足コ○する二次創作本を買ったのは、ルイズ様には内緒(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。