アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自称「引きこもり」の佐藤が一番マトモに思えてきた、この第5回。
謎の美少女の岬ちゃん、オタク世界の住人山崎。本格登場の電波&クスリ先輩(柏瞳)
実は佐藤は狂言回しで、これら真の主役の痛さを描いて行く展開なのかと想像する。
これで主役が揃ったのだろうか?

山崎に引き連れられた聖地巡礼の途中で電波先輩に出会った佐藤。
先輩の卒業式の日の部室。佐藤の回想。
明確な描写は無いが先輩としたんだろうなあ。逆かな?先輩に押し倒されたっぽいカット。
先輩の黒ブラ透けのところとか、回想から戻った喫茶店(古炉奈に見えるのだが・・・)でのストローの口元など、記号的な用法ではあるがエロを感じるアングル。妙なところに作画の力点が置かれている。

オタク世界と引きこもりの自分がいる実世界、電波先輩との再会で佐藤がボーダーラインで揺れる。
その電波先輩は未だに神経を病んでいるのか、クスリ常用者、でも見た目は美人と厄介な人。
実世界で(多分・唯一)肉体関係を持った先輩を回想の世界に閉じ込めていたのだが、突然の再会で佐藤が動揺する様が効果的に描かれている。
ダメ押しに「また会える?」の先輩の言葉。
大丈夫か?佐藤。振り子の振れが大きいと壊れかねないぞ。

もう一方の怪しい美少女、岬との約束期限まであと10日。
まだ、佐藤の精神が病んでいないと思うのは、現実を認めてクリエイターなんかじゃないと岬に告げる勇気が残っている点。
引きこもり脱出の契約を交わす佐藤。なんだ、契約書を岬に渡すだけなんだ。
岬が佐藤の体に契約の証しでも刻むのかと思ったのだが。

確証に満ち「ウソでしょ」と畳み掛ける岬に不思議と嫌な感じはしない。
ゲーム制作はウソなんだと告白してから、岬の言葉に佐藤の鬱屈した魂が開放されて行く予感を覚える。
佐藤にとっての救世主かもしれない岬だが、なんだ?このぽんこつカウンセリングは?
八百万の読み知らず、テキスト棒読み、フロイトの精神分析からユングへ強引な進め方。
佐藤が夢診断で岬を虐めるのだが、回答を言って欲しかったよ、岬先生。
岬のバックグランドがまだ語られていないが、ぽんこつ岬先生は佐藤に救われるオチが待っているのだろうか?ミイラ取りがミイラに。

これで佐藤は〆切を気にせず、山崎とギャルゲ開発の道を歩む事になるが、山崎もミイラ取りがミイラに。
だが、誤って踏み潰されたフィギュア哀れ・・・
佐藤は厄介な人たちに囲まれて苦難の道を歩く事になりそうだが、引きこもり更生に有効なOJTプログラムには違いないだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。