アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は赤道斎の復活と薫となでしこの関係が中心なのだが、ネタ満載でどこから手につけてよいのやら。
あらすじは、アバンでメガネ再登場!「魔法少女アソコちゃん」ネタを引っ張ってくれる。
赤道斎は啓太達の霊力を吸収して地上への復活を果たそうとしている。
啓太・薫・ようこの力を合わせても敵わないが「やらずのなでしこ」が遂に戦うのか?と思わせておいて薫がそれを止める。

赤道斎は過去に敗れた大妖狐に復讐するため霊力を蓄え地上に戻り、地上戦は巨大化したクサンチッペに啓太たちは手を焼く。
そこにパワースーツ姿のメガネ(河原崎先輩)登場。
闇の力を集結しクサンチッペの動きを止める。闇といっても今までに登場したマッチョ・オタ・変態の勢ぞろいだが、80年代の熱血モノ・戦闘モノのテイストが感じられて、プチ感動を呼び起こす。
何か元ネタあったかな?
「幸せとは光の量で決まるものではない」って格好良い。
しかし薫のいぬかみたち、何の役にも立たず変態にも劣るとは・・・

赤道斎の持つ魔道書を気配を殺した変態紳士が奪い捨て、仮名さんから結局赤道斎の元へ戻る演出は何か伏線の意味があるのだろうか?少々わかりにくい。
男性キャストは速水・若本・千葉・秋元とベテランぞろい、しかもはっちゃけてる。
福山潤も気合い入れて収録に向かわなければいけないだろうな。

今回の疑惑に満ちた薫の行動の数々
その1.なぜなでしこを止めた?
その2.スクリーンに投影されたなでしこの願望を見てなぜ「フフッ」と笑う?
その3.地上に戻る赤道斎と何を語っている?
その4.赤道斎の元へなでしこと訪れるエンド

その「黒薫」の疑惑と対になる、なでしこの切なさ
その1.なぜ赤道斎と戦うのを薫が止める?
その2.薫を独占したいなでしこの手を取り「みんなのところへ戻ろう」と薫
その3.他のいぬかみの待つ地上に戻ってなでしこの手を離す薫
その4.赤道斎を訪れるエンドのなでしこの微妙な表情

勝手な解釈+勝手にシナリオ分岐
1.冷凍薫がホンモノで今のは出来の悪いコピー薫
2.薫を冷凍したのはなでしこ
3.実は薫はなでしこの下僕
4.大妖狐復活を阻止する薫の小芝居
5.赤道斎の生け贄になでしこ献上
6.実はなでしこは赤道斎の娘
7.薫はホントは赤道斎がスキ!
8.なでしこは薫の秘薬で思うまま

心が純な人なら4を選択するかな?でもスタッフは変態揃いだから7とか・・・
もう夏コミには間に合いませんが、どなたか冬コミの二次創作のネタにどうぞ。

そして衝撃(笑撃)のエンディング!
マッチョ ver.だ!ED曲も「男子(?)バージョン」で唄うのは「すーぱーぞーさんず&Rice5」
男子キャストが歌ったんでしょうか?マンモスな若本様はぞーさんグループに入れませんね。
本編の作画が悪いと思ったら、こんなところにムダなエネルギーを使う素敵さ。細田直人がムダに豪華に参加している。
やはり本作は萌えでもシリアスでもなく、ヘンタイで本領発揮される。
次回予告「まぶらほ」って(w
築地俊彦の脚本なのか?だったら、ぜひ作監には駒都え~じ(こつえー)で「ぱんつはいてない」いぬかみキャラを見てみたいものだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。