アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギャルゲーシナリオに行き詰まった佐藤が山崎の手引きにより、こっちの世界からあっちの世界へのボーダーラインを彷徨う様を描く。
この場合の「あっちの世界」と「こっちの世界」は視聴者のポジションによって違うのだが、大多数の国民が「こっちの世界」の住人だと仮定すれば、引きこもりを自称する佐藤の世界と秋葉原を聖地と崇めるオタクの世界のいずれも「あっちの世界」には相違ない。
それだと佐藤はボーダーラインなど彷徨うことなく「こっちの世界」を経由せずに「あっちの世界」のAブロックからBブロックに移動しただけの事かもしれない。

佐藤はギャルゲーヒロインのヒントを山崎からもらうのだが、この山崎の語るヒロインのパターンとは古典的な「幼馴染み・メイド・ロボット」
この段階では、これらのキーワードに対する山崎と佐藤のギャップが激しい。
モデルが必要と主張する佐藤を引き連れて、山崎は聖地秋葉原へ。
オタクの記号としてメイド喫茶・同人ショップ・ガンプラもどき・フィギュアの描写など今さらの感もあるのだが、山崎とシンクロしつつ佐藤に眠れる何かが目覚めかける様を表現している。

まあ、目覚めかけたと言っても佐藤の思いついたヒロインのモデル「隣に住む幼馴染みの同級生で実はロボットでメイド・・・・以下(ry」なんて最初と変わらないじゃないかと思うのだが、山崎は何でOKなんだ?
ラフ画を見て卓袱台返しする佐藤のほうが健全に見える。
山崎も現実でイタイ思いをして二次元少女を愛するヲタになった描写があったが、古典的なヲタ若しくは「こっちの世界」から見るヲタのステレオタイプとして描かれたのだろう。
佐藤よりも先に山崎を救わないとマズイのではないかという気もしてくる。

忘れ物を取りに行った山崎を待つ佐藤の前に、電波先輩(柏瞳)登場。
スモーキングルームのガラスを隔てた再開は、高校時代と同様に決して交わらない予感を漂わせる。
第1話からずっと張られている、佐藤の回想に登場する先輩の電波話の伏線が回収されるか?
中原岬との契約をするまでも無く、伏兵山崎のヲタパワーで引きこもり脱出なるか?それとも現実逃避加速の投下燃料となるのだろうか?
はたまた電波先輩の出現により修羅場を迎えるのか、次回に期待。

テレビアニメーション「N・H・Kにようこそ!」O.S.T.ダークサイドにようこそ!
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。