アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のお話は、カレー屋でのバイトと素奈緒&カニのシャワーシーンだけ(え?それだけ?)
そう、それだけ。
原案がゲーム「つよきす」だし、TVCMなどで「ヒロインは全員ツンデレ?」などと煽るから放送が始まってみると ハア? って感じだったが、騙されたほうが悪いと言う事だろう。
そろそろ、このアニメのポジションを見直さないといけない。

今後の展開しだいで変わるかもしれないが、現在のところはこんな感じだろう。
1)素奈緒の演劇部設立に奔走する姿を軸に、周囲の「強気っぽい女性キャラ」の攻略
2)素奈緒の夢オチは大根

1)については、第2話で鉄乙女が第4話で椰子なごみが攻略された。そしてこの第5話では蟹沢きぬをコンプ。ラスボスの生徒会長エリカをフルコンプするまでの素奈緒の姿を描いた、少々出来の良くないシミュレーションアニメなんだろう。
これでは素奈緒の視点ばかりで、男連中は存在感なし。
ヒーローがいないアニメでは男子視聴者は感情移入が不可能に近く、傍観者的な楽しみ方に限定される。
トライネット作品の良き伝統(酷評される事が多いが)に従えば、脚本や作画がどんなに酷かろうと特盛りのネタで笑わせ・苦笑させてくれるものなのだが、構成作家の自己満足か監督の手腕が悪いのか、本作は語るべきネタにも乏しい。トライネッター泣かせの1本。

2)については、様式美の追求でもしようと考えているのか、夢オチと大根ネタは欠かさない。
しつこいアイキャッチの挿入も同様だが、シナリオの薄さをカバーしきれず、かえって散漫な感じを抱かせる。
ゲームからのキャスト変更の件は置いておくとして、はっぴぃセブンとガーゴイルみたいなキャスティングだがトライネットとしては悪くないと思う。
しかし演技は全般的に保守的な感じがして、キャストが作品を引っ張って行くタイプでもないのが残念。音響監督は飯塚さんだと思うが、音響監督の立場で工夫が効かないものでしょうか。
「ネタが無ければパンツ出せ!DVDなら湯気を取れ!」

アニメのサントラ&キャラソン収録のアルバムが発売されます。
公録の時に鉄乙女のキャラソン聞きましたが、井上奈々のファンなら是非どうぞ!まだ近衛素奈緒のキャラソンは聞いていませんが、多分キャラソンというより水樹奈々の歌になっていると推測されます。水樹奈々ファンはお忘れなきよう。
つよきす~Cool×Sweet~コンプリートセレクション
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。