アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
満を持してトリスティン王女アンリエッタの登場!
事前にキャスティングを知らなかったのだが、アンリエッタ役に川澄綾子!
なぜシエスタ役にしなかったのかと・・・ブツブツ
吉田さんと被り過ぎるからか。堀江由衣の王女もピンと来ないから、これでもいいか。
この系統の川澄綾子の演技は好き(某腹ペコ王はイマイチだった)

・召還した使い魔の品評会
・ルイズとアンリエッタの友情
・「破壊の杖」と巨大ゴーレムを操る怪盗フーケ

今回は、この3本の軸線で構成される。
使い魔の品評会が目前に迫ったが、才人の取り得はパンツ洗いくらい。仕方なく剣の練習をするのだが・・・・
しかし、山ほどのパンツを見せられても嬉しくないぞ!
あれは単なる洗濯物であって、男子が望む「ぱんつ」ではない。
吉岡たかをの脚本、この辺はアッサリしていると思う。「となグラ」まで行くと食傷気味だが、もうちょっと「ルイズのパンツ」にこだわりがあっても良いのでは。
しかし、このブログで最近「パンツ」ばっかり書いているような気がする・・・反省、自粛(予定)

その品評会は父君亡き後のトリスティン王国を統べる、王女アンリエッタが天覧する。
隠されたもう一つの目的は、幼馴染みのルイズに会うこと。
品評会前日深夜、ルイズの部屋に人目を忍んだアンリエッタが訪れ、旧交を温めるが、まだ隠された事情がありそう。
ここで才人たちのモット邸事件が不問になった理由が明かされるが、この伏線は先に引っ張っても良かったのではないかな。
あれだけ貴族と平民を対立して描きながら、権力者によって救われるのは腑に落ちない。
あっ、才人にフォーカスすると勘違いするんだ。アンリエッタが救ったのは窮地のルイズ。下僕の不始末は主人の責任なのだから。

翌日の品評会、他の使い魔たちが技を見せるなか、剣も扱えない才人にルイズはオカンムリ。
品評会で警備が手薄な宝物庫を狙い、フーケ&ゴーレムの登場。
ゴーレムに捉えられた才人を救うべく、ルイズのファイアーボール。
威力はあるもののコントロールが定まらず、宝物庫の壁を壊してフーケの盗みを助ける羽目に。
ルイズ一人では魔法の効果はゼロだが、今回といい前回のモット邸で才人を間一髪救ったりと、才人と共にあると能力発揮かな。
才人もルイズなしでは剣の力は発動しないのかな?モットの前では力が出なかった。
二人の成長は今後のストーリーで描かれて行くのでしょうか。

「使い魔を見捨てるメイジはメイジじゃないわ」
うん、ルイズは正統(古典的)なツンデレだな。ツンからデレまでの変化が時間経過に沿って徐々に進行中。
最近言われる「人前ではツン、二人きりではデレ」なんて単に内ヅラがいい奴で、本来のツンデレはイベントをはさみつつ時系列変化を伴なわないとダメだと思うのですよ。
デレになっても鞭打ち調教とパンツ洗いを命じてくれますよね、ルイズ様。

このCDは注目!
「ゼロの使い魔」キャラクターCD4 シエスタ&アンリエッタ編
by AffiliSearch

試しに「ゼロの使い魔 パンツ」でググってみたら、このブログがトップに来る。毎記事にパンツって書いてる気もするし、恥ずかしい・・・
Google恐るべし。
(8/5時点では順位が落ちました。良かった・・・)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。