アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
椰子なごみの当番回ではあるが、ヒロインは私よ!とばかりに素奈緒の登場が多い。
珍しくちょっと良いお話なのだが、脚本と演出がダメというか、それ以前に構成が良くないんだろう。
素奈緒の演劇への夢となごみの果たせない約束をクロスさせて描いていくアイディアに感心するが、フォーカスはなごみに絞らないと。
素奈緒の芝居をクローズアップしてしまっているから、なごみの切なさが薄れてしまう。

花屋を営むココナッツ(なごみ)の父は病気で他界したようだ。母は再婚予定相手と思しき男を連れて来るのだが、なごみは反発する。亡き父への思いと喪失感から立ち直れていないようだ。
この母親役は兼ね役で佐久間紅美。もっとも大江山祈での登場は今回無し。
トライネットは兼ね役、ガヤなどこういう使い方をするがキャストも楽しんでいるようだから、悪くは無い。でも佐久間さん、演ずる役のイメージがますます固定してしまう気がする。
他作品で申し訳ないが「大魔法峠」の姉御(CV:川澄綾子)のようなキャラで起用するのも面白いんだが。

なごみの父は料理が得意だったようで、幼かったなごみは大きくなったら父に料理を作る約束をしたのだが、その夢は果たせなかった。
一方、素奈緒は一人芝居の練習。演目は「父と子」
その練習を見たなごみは、亡き父との約束の呪縛から開放されたようで、誰かが喜んでくれたらと料理を作る。
本当に悪くない設定なのだが、オチが素奈緒のためになごみが作った弁当で、重箱の2段目に大根の煮物。
そう言えばアバンも料理対決で大根、素奈緒の夢オチ。
ちょっと強引に素奈緒に軸線を戻しすぎ。
お当番回くらい、きちんとなごみ中心にまとめて欲しいと思う。

今の素奈緒の使い方には好感を持てない。
素奈緒は1回休ませて、しっかり者の妹ほのかちゃんを中心にしてくださいな。南条愛乃もキャラにあった演技していて好感が持てる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。