アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
場面はクリスマスプレゼントから1週間後の元旦かな、ちょうど訪問販売のクーリングオフ期間ギリギリ(笑)サンタがちょこを回収に来るという、はるまの夢で始まる。
サンタに担がれたちょこの眼差しが憂いをたたえ大人びて、ちょっとゾクッと来ましたよ。
まあここで無理にパンツ見せなくてもと思うが「第1話のみのパンツ詐欺」と言われまいとするスタッフの意地を感じた!

夢から覚めてAパートでは、初めてづくしで興味津々のちょこが可愛い。
おせちも雑煮もない一人暮らしのアパートで迎える正月なんてのは殺風景なものだが、ちょこがいるだけで幸せな雰囲気が描かれている。
絵は相変わらず動かないけど、この作品にとっては大した事ではない。

懐かしや、うめつゆきのりがクレジットされていたが、Bパートのアイキャッチ描いてたのかな?
EDの前半も、うめつ風なパートがあるけど勘違いかも。
彼のキャラ原案の「REVIVE」(オリジナルはデータイーストのドリキャスソフト)を知っている方も少なくなってきただろう。PCにも移植されているようだ。ゲーム自体は手強く、攻略法無しではツライ。

アパートに住む真琴がビールを持って訪ねてくる。
真琴はティナにも似た感じだが、これは同じ白泉社の藍青つながり。
管理人を引退すると言う大家さんも一升瓶提げて訪れて酒宴、翌朝はるまは二日酔い。
退屈なちょこは一人で公園に行ったり、コンビ二でチョコと間違えて色鉛筆を買ってしまったり。
からかわれて物悲しく色鉛筆を齧るチョコだが、アパートの大家さんから絵日記を描く事を勧められる。
少し悲しい出来事の後にささやかな救いを忘れない点、無垢で純真なちょこを描く方も素直に仕上げている点は良いシナリオだと感じます。妹萌え属性の視聴者にはたまらないでしょうね。
視聴ボーダーラインから昇格決定。第1話で切らなくて良かった。
他作品と比較は野暮ですが、これくらい貧乏姉妹物語もシナリオに頑張ってもらいところ。

身に付けていたあんちょこに加えて今回の絵日記で、ちょこの成長、ちょこと暮らした生活が記録されて行くのでしょうね。
ちょこにあんちょこが必要なくなるのはどんな日なのでしょうか?
・別離・死亡・回収エンド ×
・嫁に行くエンド △(父親属性ならこれでもいいか?)
・お兄ちゃんのお嫁さんになるエンド ○(妹属性ならコレ!)

ちなみに今回の絵日記は斎藤桃子の自筆。
物持ちの良い実家に幼い頃の絵日記が残っていて、それを参考にして描いたとラジオ公録で話しておりました。

OP曲はこちら↓
C/W曲がEDの「ねこにゃんダンス」なのは、Type☆H の方だから絶対に間違えないように!
Doki Doki!My Sister Soul(Type☆H)
Doki Doki!My Sister Soul(Type☆P)
by AffiliSearch




(C)2006 雑破業・竹内桜・白泉社/ちょこシス製作委員会
「ちょこッとSister」 あんちょこ 1冊目(Under Chocottosister File.ONE)
テレビアニメーション「ちょこッとSister」あんちょこ 2冊目(Under Chocottosister File.TWO)
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。