アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作品が視聴者を選ぶ感じだ。
オタク・引きこもりに理解か近親感を持つ人、ネタとして楽しめる人、岬ちゃん萌えの人くらいか?
イタイと感じた人や、ある意味健全な人は第1話で切ったかもしれない。
第1話は自慰エロシーンで視聴者を釣ったが、今回は至ってマトモ?
これをマトモに感じるってことは、佐藤じゃないけど神経系統が病んでいるのかもしれない。

岬から引きこもり手助けの契約書に署名を求められる佐藤だが、躊躇しているあたり彼は引きこもりでは無いんじゃないのか?それとも引きこもりでは無いと、仮面を付けた状態なのかな。
「宇宙人の作った虚構の世界の中で観察サンプルとして一人生かされている」という主人公の佐藤の妄想表現がシツコク出てくる。
他にも痴漢の看板への視線とか、岬から問い詰められて自家撞着に陥って自分はクリエイターなどと偽るなど、佐藤の傷んだ精神状態を細かく表現している。
原作者の事は知らないが、主人公は原作者の分身なんじゃないだろうか。

佐藤の隣室の「プルリン」エンドレス野郎に殴りこんでみれば、高校の後輩だった山崎。
オタで専門学校生。
なんだか刷り込み効果でプルリン(CV:宍戸留美)が良くなってきた・・・中毒か?
クレジットされていたエロゲ―原画家は、この部屋のポスターや雑誌のキャラの作家さんだったのか?
フィギュアに同人誌、エロゲ―など並ぶオタク部屋から、岬にクリエイターの証拠として使うテキストを借り出すが「作品見せて」と言われて「1ヵ月後」と嘘で嘘を塗り重ねて行く佐藤。
変に強気な後輩山崎とエロゲ―制作を始めるのだが・・・

サーカスがクレジットされている理由はホントにゲームを作るかららしい。
佐藤・山崎の制作という設定で、エロゲ―ではないが美少女ゲームをコミックスにバンドルするとの事。最近のサーカスは角川にベッタリ。
詳しくはこちら↓
初回完全限定版 NHKにようこそ!第6巻
by AffiliSearch

強烈なエンディング曲は大槻ケンヂ
良く聴けばマトモなロック。筋肉少女帯時代に比べればおとなしい。
踊る赤ちゃん人間
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。