アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は山田姉妹のイチャイチャ度がパワーアップ。
新登場の越後屋姉妹の姉が一見クールだから、比較してさらに際立つ。

スーパーの特売品狙い、初日の大根は越後屋妹の勝利。
翌日は豚肉の特売品を二人の妹が競い、山田妹の勝ちに思えたものの、越後屋妹のウソ泣きに油断し他の主婦に持っていかれる。
特売品を買って帰らないと完璧主義者の姉に叱られると、今度は本泣きの越後屋妹(銀子)は家に帰れないと山田妹(あす)の家までついてくる。
山田姉(きょう)が別に特売豚肉をゲットしてあるあたりが、脚本 or 原作のねっちこさを感じさせる。

豚肉を銀子に譲り、家まで送る山田姉妹。
その越後屋家はお屋敷。
しかし特売の豚肉はペットのワニの餌という不条理さ。
そして姉の金子は特売品を買えたという妹の嘘をスーパーで監視して見抜いていたという、これまたねっちいシナリオ。
貧乏姉妹・ワニ・お屋敷そして銀子の一瞬の表情から「これが私のご主人様」を連想させたが、キャラデザ高村和宏つながり。
この先オリジナルシナリオで、貧乏姉妹が越後屋家で住み込みメイドとして暮らす話があると、何だか嫌だな。

翌日は隣町のスーパーでニンジンの特売。
二人とも買えなかったわけだが、姉二人もやって来てるのが何とも・・・
特に越後屋姉は、妹を心配しているような隠れて観察しているだけのような不思議な行動。
妹から嫌われているって思っているらしいが、怖そうな内面の割には、きょうに簡単に心情を吐露する。もう少しツンツンしてもらわないと物足りない。
女x女だとツンデレは成り立たないか。

イチャイチャ姉妹のハートフルな観察日誌だが、第1話の貯金を使う話とか上述の通り、結構ねちっこいシナリオです。
あまり貧乏な感じを受けない現状を変える為に、姉が堕ちて行く悪魔シナリオも一興なのだが、コミックス原作者は女性だから、そんなことしないでしょうね。
「長く連載を続けるには超展開も大事ですよ」と原作者に向かって囁いておきます。

それにしてもエンディングで大城志麻:酒井香奈子のクレジットがあったが、なんの役だったんだろう?全然印象が無かった。




(C)かずといずみ・小学館/貧乏姉妹物語プロジェクト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。