アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ツンデレヒロインなんて出てないじゃんっ!」と流行のタイトル風に促音+感嘆符で叫んでみました。
レオ視点で語ると、
「しばらく離れていた幼馴染みが転校してきました。彼女は演劇部を作ろうとしますが、その行動が学園に騒動を巻き起こします。生徒会始め、他の生徒たちとのドタバタが起こります。僕、津島レオはそんな彼女を呆然と見ています」
エロ薄の萌え学園ラブコメではないか・・・

鉄乙女はツンデレの素質充分だと思ったのだが、素奈緒にあっけなく心を開いてしまうのが何とも・・・
他にも、総花的にサブヒロインたちを出すと視点が定まらず、話が散漫になる難点がモロに出ている。アイキャッチの多さも視点を変えさせる細工だが、散漫になる原因。
この構成と脚本で24分は厳しい。

まあ、ヒロインの魅力が強力ならば話をグイグイと引っ張っていけるのだが、今のところは無理。
やはりツンデレは女(素奈緒)視点で投影されるものではなく、男(レオ)の視点で俯瞰しながら時には巻き込まれながら描かないとダメじゃんって思う。
この場合レオが気弱で軟派であるほどヒロイン他の女性キャラが立ってくるのだが、今からでは無理だろう。そもそも監督にはそんな気もないだろう。

蟹沢きぬ役の藤田咲、前作と違い良く喋る。最初は金朋かと思っていたが金朋は別に出てたようだ(西崎紀子)印象がないけど。
館長は若本さんで間違いなし。くまちゃん(佐久間紅美)最近こんな感じのキャラが多いけど、ちょっとイメージ変えて欲しい今日この頃。ダウナー系壊れキャラなんかでキャスティングする勇者はいないものだろうか。

今回からオープニングとエンディングアニメーションが間に合ったようだ。
エンディングはCanvas2みたいにキャラヌード。
TVSは今回からスクイーズになったが、トライネットのいつもの癖かオーバースキャン大きい。
HDトリニトロンではテロップ上下がかなり切れる。

原作未プレイだから、キャスト変更の違和感はないのだが単純にアニメ作品としての評価は厳しい。作画もパッとしないが、スタジオキャッツとは珍しいところ使ってる。
ネタにしてニヤニヤするトライネッターの楽しみ方も難しい。
酷い方のトライネット作品の香りが漂ってきました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。