アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引きこもり主人公くらいしか事前知識がなかったのだが、オープニングがPOPな感じで変だな。
本編は作画にGONZOっぽさが出てる。
しかしゲーム絵のようなペタペタ塗った感じが好きなので、これは好みではない。
こいつもタイトルに感嘆符つきか。

Aパートでの引きこもりに至るニートの妄想、陰謀の描写がちょっと長すぎる。
そんなにやらんでも、視聴者はわかってるって。
そんなところへ宗教勧誘(なんとかの証人っぽい)の美少女とおばさんのチャイム。

これがきっかけになったか、引きこもり脱出のためにバイトの面接に足を踏み出す主人公(佐藤)
うん、これもわかる。人生のきっかけなんて大層な事ではない。
そのきっかけが美少女だって事がアニメ的であるだけで、ありふれている。
さらにアニメ的なのは面接先のマンガ喫茶でバイトしてたのが、あの美少女だってこと。
日常からの救いを求める男に現れる美少女という、一昔前の少女漫画の裏焼きの設定は嫌と言うほど氾濫しているが、ニートでオタを中心に置いたのは新味がある。
そんな岬が引きこもりから抜けるための日本ひきこもり協会(NHK)へ佐藤を誘い、プロジェクトが動き始める。

岬の自慰シーンは良く描いたものだ。他にはヤミ帽くらいしか知らない。
細かくは見落としたが、佐藤の自慰行為中の妄想だったかな。
タダでさえNHK放送局、何とかの証人、健全風な常識人と敵が多そうな作品なのに、シスター姿の岬の自慰は波紋を呼ぶかもしれない。
岬のキャラデザは好みだが、清純な裏に淫靡な気配がするのはなぜか?あけすけなエロよりは、こっちのほうが健全だと思うのはオタの証拠かも。

ED曲はヤバイ!買う奴がいるのか疑わしいが。
EDテロップにサーカスやいくたたかのん、オダワラハコネなど多数クレジットされていたが、エロゲでも作るんでしょうか(笑)ぜひシスター岬をヒロインで。

テレビアニメーション「N・H・Kにようこそ!」O.S.T.ダークサイドにようこそ!
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。