アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
提供バックのねこマン5人組、なぜに一人だけカタカナ?もしや(ゴ)ってのはゴトゥーザ様の略であろうか。
さて最終回(最終話は放送済の「サムデイ イン ザレイン」)であるが、前回で古泉が喋り捲ってくれたので、構成の説明と伏線の回収は大体は整理がついている。もしそれが無いままの最終回だったら、ぽかーん状態の恐れもあった。今回は「憂鬱」を締める事だけ考えればよい構成。

長門を抱きかかえるところを谷口に見られたキョン(朝倉襲撃事件のあと)
PCに画像を隠したところをみくるに見つかり、胸を押し付けられてじゃれ合うように見えるキョン。
ハルヒ自身がいないところで面白い事が起こっている事、それにキョンが絡んでいる事は許せないのだろう、ハルヒは。
キョンにとっては、この非日常が愛すべき日々になりつつあるのだが、ハルヒにとっては主役でありながら見えないところで物語が動いている退屈な日々。

脈絡も無くバニー姿に着替えるのは、イライラの限界か?ハルヒ。
自分の気持ちの一部を無視するかのようなハルヒの態度は至って普通で、むしろ不器用な思春期にありがちでもある。
夢の中で学校の閉鎖空間へと入ったキョンとハルヒ。モノクロームの世界。
キョンだけを選び、ハルヒが創造しようとした世界。古泉はアダムとイヴと茶化すが、現世界崩壊の危機を前にして、超能力者・宇宙人・未来人にも打開策は無い。
ネットワークを通じてPCに長門からのメッセージ。
「わたしという個体もあなたに戻ってきて欲しいと感じている」
「また図書館に」
そしてアドバイスか?「sleeping beauty」
寡黙な宇宙人が個人的な意思を示した。
あ~っ、もうダメだ。人外のものが感情をもつ設定に萌え狂いそうだ。
やはり陰のヒロインは長門なんだろう。

神人の登場など「不思議な出来事」を創造主ハルヒが望んでいる限り、その世界はありつづけるのだが、キョンは元の世界のSOS団での非日常という日常を強く望んでいる。
長門のアドバイス「眠れる美女」とみくるの警告「白雪姫」がフラッシュバックしたキョン。
「実はポニーテール萌えなんだ」って、わかりにくいよキョン(笑)素直じゃない奴だ。
姫を眠りから覚ます王子のキス。
眠りから覚めたその世界は、元の世界なのか目覚めたハルヒが創造した新たな世界なのか分からないが、少なくとも二人しかいない閉鎖空間ではない。

エピローグ
翌朝の学校、悪夢を見たと言ってる割にはポニーテールにしたハルヒ。素直な奴だ。でもキョンとは目を合わせない。
ここで通常はOP曲「冒険でしょでしょ」今回はED曲。
いつもと変わらぬキザな口調で帰還を祝う古泉。
そして朝倉のような事件は「だいじょうぶ、私がさせない」って長門。
第二期は長門がヒロインって事で、よろしくお願いします。
キョンの無事に泣きつくみくる。抱きしめようとするキョンから条件反射で飛びのくのは、今回の原因が自分だと思ってるから可哀想だな。

キョンの妹の出番が多いが、何故に「キョン君」と呼ぶのか明かされないまま。
最大の謎、なぜハルヒがキョンを選んだのか or 望んだのか。
単に「好きだから」なんて今までの緻密な構成を覆すかのような超展開は勘弁だが、どこかで明かして欲しいものだ。でもそれは真の最終回になるのだろうか。



(C)谷川流・いとうのいぢ/SOS団
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。