アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この第1話を見たのは「ねぶら」公録イベントの時だったから、桜が咲いていた。
ん?似たような事を先日書いたな。ガーゴイルの時か。

長いような短いような1クールだった。
方向性の定まらない、作画も崩れっぱなしで評価の出来ない作品だった。
そのためだろうか、密閉された空間で逃げ道の無いスタッフの息苦しさだけは伝わってきた。
声優のキャスティングと演技には不満は無かったが、このシナリオと作画は演技ではカバーできない。動画が動かないのは諦めていたが、止め絵でも緊張感の無い腐抜けた崩れた表情は勘弁して欲しい。
「銀盤カレイドスコープ」に続き、原画の鈴平ひろも救われない。
(そういえば銀盤のDVDは延期したままだったが、どうなったんだろう。一から描き直してたりして・・・)

さて、最終回は感動の嵐で締めくくられるかとの期待もむなしい。
ゲイルに続いて森本さんも死亡。いい男を殺すなよ・・
ゲイルは係累が無さそうだが、森本さんは最後に沙佳が実の娘だと明かすのは辛いな。

セラリアに捕らえられた秀平をななみが救い、七央もななみを追いかけてステーションに留まる。
大気圏に落下する前に搭載されたウランを片付け、秘密のカプセルで脱出ってズルイ気がするよ。
スキュラの説明は最後までわかりにくかった。ななみが秀平と七央の娘だってのも唐突感が残る。
それがスキュラだって言われればお終いなんだけど。
最後にマサトが出てきたが、単なるメッセンジャーか。スカートめくりのサービスで締めるかと思ったのにツマラン。

この作品のテーマの一つ、密室の閉塞感は上述の通り感じられたが、愛する者が一緒にいることはどうだったかな?
秀平x七央(ななみがオマケ) スキュラだけどGood
涼太x沙佳 ヘタレが活躍した事になってGood
沙佳x森本 森本死亡でBad
ゲイルx亜弥 ゲイル死亡でBad
ゲイルxカレン ゲイル死亡でBad
カレンx白服 フラグが立った
白服x亜希 フラグ立たずにEnd
ユウxシン フラグ継続中
インチャネxオンザラン セールス失敗でBad

亜弥は誰ともくっつかなかったか。バカ娘っぽいんだがゲイルと一緒だと妙な可愛らしさがあって良かったんだが。本作で初見の南条愛乃も悪くなかった。
亜希はツンばかり目立って、エピローグで「好き好きお兄ちゃん」にでもなるかと思ったのに、カレンに取られて不憫だ。
女性キャラももっとキャラ立ちさせると退屈しなかったのだが、セラリア先生の暴走ぶりだけでお腹一杯でした。

AT-Xでは最終回スペシャルで5分延長して声優座談会。
涼太、沙佳、秀平、七央の中の人4名。
残念だけどSoul Link 2 なんて無いよ、くまちゃん(佐久間紅美)
スタッフの自虐的な苦笑いはよく分かるよ。
ゲームの評判が良くて2作目が出るとか、アニメ続編の希望が多いとか、どっちも無さそうだし。
音楽は良かったから、OP曲screamingとED曲dust trailどちらも収録でおすすめ。
screaming
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。