アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
塔子の母が亡くなったあと、塔子を見ることが無くなった父を男として愛してしまった娘。
塔子の思いが悪夢を生み、その悪夢退治に父が死んだ。
父の死は自分のせいだと世捨て人になった塔子の悪夢が蘇える。

娘が父親へのキス。
気持ちを自分に向けるため幼いながらも必死な行動の一面と、娘でありながら女としての感情、少女のエロスとリビドーを少し早い回で描いてほしかった。

原作準拠なのかわからないが、これを伏線としてずっと引っ張っておいて、最終2話で回収するのはもったいないんじゃないかと思う。
シリーズ2,3話あたりで出してしまって、塔子が自身の悪夢から開放されるまでを少しウェットに、そして燐子や一の活躍も織り交ぜながら、美砂子や三時花のエピソードを挿入して構成したほうが期待を持って視聴に臨めた気がしないでもない。
シリーズ構成に検討の余地があったと思う。

島村秀一のキャラクターデザインは良いと思う。
塔子役の川澄綾子の良さが引き出せていないと思うが、幼女声が聞けたからいいかな。
関智一、久川綾のベテランは安心して聞けた。
能登麻美子は印象薄。
真堂圭は以前より良かった。燐子キャラとは良く合っていた。
夢使い キャラクターCD~三島燐子~
夢使い キャラクターCD~橘一~
夢使い キャラクターCD~三島美砂子~
夢使い キャラクターCD~茶川三時花~
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。