アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユウ&シンがセラリアの元から脱出してきたが、秀平は捕らえられたまま。
シンがスキュラ化するかと思ったが、ななみの不思議な力で進行が止まったようだ。
ななみの力が伏線も説明も無しに話しが進んでゆくので、気持ちが悪い。

シンがセラリアの過去とスキュラ研究を語るのだが、今のところセラリアがスキュラの親玉だという事だけは理解できた。
アリエスの周回軌道が下がる中、痺れを切らしたセラリアが逆噴射で更に軌道を下げる。
さて、脱出劇はどのようになるのか。
それぞれの視点と想いがザッピングして構成されるが、どうも落ち着かず思い入れも沸かない。
作画以前に、絵コンテと演出が大雑把過ぎるのではないだろうか。
登場人物たちの思いを描こうと工夫したのだろうが、視聴者の気持ちは汲んでくれていないようだ。

次回は特別回想編、セラリア・ななみ。
ななみの能力を説明してくれると良いのだが。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。