アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバンでのはけの独白「あの方と出会うまでは・・・」
時は桜の頃。しんみりとした出だし。
最初はようこの事を言っているのかと思ったのだが、自分が宗家と出会った頃を回想していた。

そんなはけは、宗家の誕生会の招待状を持って啓太のところへ。
ここでお約束の堀江由衣の妖しい演技が楽しめますが、画の方はようこの尻尾についた蚤取り。
書いてて気がついたが妖しく艶っぽいから妖艶、堀江由衣も「艶技」の方が似合うようになってきたかな。まだ妖しさが足りないようにも感じるけどね。
それにしてもようこの尻の方からのアングル、エロイな。

さて、薫のいぬかみ達は祝宴の準備に追われるが、添え物程度でキャラのエピソードなど掘り下げなし。啓太も宴会での物の怪たちとの絡みと、ようこも準備の際に薫のいぬかみ達に蚤を移したりとサブキャラに徹していた。
今回はなんと言っても宗家(川平榧)の若い頃がメイン。
ひとり時期はずれに契約を求めて訪れた、若い日の榧と契約したはけ。
死神と戦い榧(かやの)に沿い従う覚悟を決めた、その頃のはけと現在の変わらない気持ちを桜の景色に描写している。

若い頃の男っぽい榧、戦闘のシーンなど既視感を覚えたのだが、なんだったかな?
榧のCVが林原めぐみ、お久しぶりって感じ。スタチャつながりか。
もしかしてキャラソンも唄うのか?

原作での描写はわからないが、林原めぐみが演じる事で若い榧のキャラが鮮明になった感がある。
ここは素直に林原を誉めておこう。
林原キャラとはけの心理描写だけで、今回は充分。
「あの方と出会うまでは・・・」ようこがこんな風に思う日が来るのだろうか?
もしかして、今でも心の中では思っているのかな?

大変良いお話だったと思うよ、ドタバタとエロが薄いのを除けば。
でも何か胸の中に大きく開いた穴を感じるのは何故だ?
決定的な何かが足りない、それは変態成分がゼロじゃないか!

そろそろ、せんだんの当番回を!変態も忘れずに!

いぬかみっ! VOL1っ!! 特別装丁版

いぬかみっ!キャラクターコレクションCD(5)たゆね・いぐさ&啓太
いぬかみっ!キャラクターコレクションCD(6)いまり・さよか&啓太
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。