アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、北口にオープンするデパートに対抗する御色町商店街のドタバタラプソディー。
利用客が減った商店街を活性化するお話しを、吉永家の隣りの佐々尾婆ちゃんを中心に描いている。
吉永家としても商店街に協力しようとなるのだが、アイディアが閃いたママの瞳が輝かしい。
そのアイディアとは「おしゃべり石像 ガーくん(CM入り道案内つき)」
しかし、それだけでは商店街の人通りは増えないのが現実。

梨々の思いつきで、ガーゴイルの鈴を盗みに商店街に現われる、という百色のニセ予告でテレビ局を呼び、客寄せしようとする。
この鈴がガーゴイルの首にある事のエピソードが語られるが、送り主は佐々尾の婆ちゃん。
うまくエピソードを織り込んでいる。
回想シーンで東宮とメイドらしき姿が横切る姿があったが、伏線にあったかな?

その商店街にはヒッシャム率いるオシリスが登場し、商店街は混乱。
百色とガーゴイルの対決どころではなくなり、百色は長いもの(オシリスの触手かな?)が嫌いとウソの理由で退散。
一応彼の立場は守られ、ガーゴイルの鈴も無事、オシリスは商店街の人気者と三方一両得の予定調和エンド。
可哀想なのは百色のウソを弱点と信じ込んだ警部だけかな。

ラストの佐々尾婆ちゃんの若い頃の姿の回想シーンで締めたり、嫌味にならないのはこの作品の美点か。
アニメは作画だけじゃないってことを実感(それは作画も構成や脚本、キャストも良いに越した事は無いが)
ラムネ第6巻のCMが入ったのを見たりして、余計にそんな気がした。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。