アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
視聴者がまごまごしている間に(俺だけか?)お嬢様は竜の森に旅立っていた。

第7話のあたりでリイズがルーンに正体を明かしたが、やはりルーンは掘られていたのか・・・
フィリエルも一夜でリイズとユーシスにプロポーズされた挙げ句、ルーンに八つ当たり。
アデイルの書くフィリエルがモデルの小説の如く、腐女子臭漂う脚本。
研究所を訪ねたフィリエルは「ローマの休日」を思い起こさせたが、それだけ現代風ということか。

第8話ではルーンがリイズを殺したという事で、お仕舞い。

この第9話ではフィリエルがユーシスを追って(実はルーンを探すのがメインなのか?)国を出る。
どうもこのお嬢様、ご都合主義者にしか見えない。
相変わらずの唐突感が随所に残るが、割りと心理描写がしっかり出来てきたように感じる。
やはり、シリーズ構成の問題か。
いや、元々これを1クールで済まそうとした企画の問題か。

ユニコーンの仔をゲットした!(もらう)
ついにポケモン状態になるのか?
訳のわからない展開の間をつなぐのには動物に頼るのが一番。

でも、誰かリメイクしてくれ!
辺境編、学園編、宮廷編、竜退治編それぞれ1クールくらいで。
本編無しで総集編を見せられる今の状態は苦痛です。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。