アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は怪盗百色と暮らす梨々がメインのお話し。
全体の作画はちょっと良くない感じだが、構成と演出は特にAパートが良い出来だった。

確か第7回で感じたことでもあるが、梨々の表情の変化が可愛い。
単にニコニコしているよりも「キッ!」と眉を吊り上げたり、むくれるところのギャップがツボだ。
怪盗に憧れ、自らも怪盗になろうとする梨々に対して「盗みは悪」と止める双葉。
梨々にしてみれば怪盗=百色=大切なものを否定された気持ちだろう
今回は二人のバトルが見られたが、双葉のキックをかわす梨々も素敵だ。

風邪で倒れた百色に(梨々が勝手に)替わって、南米の秘宝を盗み出そうとする。
これは百色に恨みを持つ教団の、偽の仕事依頼&百色を騙った出現予告の罠。
デュラハンの胸のスペードマーク=百色のトレードマークでもあるが、梨々の腕時計のバンドがハート型のデザインを施してあるのは芸が細かい。

病体の百色が駆けつけるが、デュラハン&ガーゴイルの2トップが窮地を救う。
梨々だって盗みが悪いこととは分かっているし、ショーケースの秘宝を実際に持ち去ることはしなかった。大人の男性に憧れ、いつまでも子供(被保護者)でいたくない、認めてもらいたいと背伸びする梨々の気持ちが良く現われていた。
梨々が周囲に守られて事件解決で終われば凡作だったが、「(百色の)役に立ってるじゃねえか」との双葉の言葉、それに頬を赤らめる梨々、美森の戸惑いを感じる「オハヨウ」に救われた。

梨々と百色の関係はどうなっていくのだろう。
盗まれたお姫様と泥棒で、ふと「カリオストロの城」を思い出した。
御色町内でずーっとループしているのがハッピーかな。

今回の話が原作に沿っているのか別として、原作と脚本・演出などの制作、キャストが突出することなくバランスの良い仕事をしているのは気持ちが良い。

「吉永さん家のガーゴイル」オープニングテーマ「オハヨウ」
吉永さん家のガーゴイル キャラクターソング「Promise you」
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。