アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回7話では七央が受胎を思わせる描写があったり、爆発で重傷を負ったり、ななみの登場があったりと動きがあった。
しかし七央にしても沙佳にしてもユウにしても、大切な人が向こう側にいるとしたって行動が唐突で場当たり的。
脚本が弱いのはわかったから、もうちょっと演出を考えられないものだろうか。

相変わらず絵は動かない。
たまには良く解釈してみよう。
PCゲームからのファンのために、ゲーム特有の紙芝居作法をそのまま再現しているのかな?
それとも手塚治虫からの伝統のリミテッドアニメーションの限界に挑戦しているのか。

ちょっと今回はエロ成分が足りなかったかな。
亜弥を助けるために背後から抱えるゲイルの姿は、後背位にしか見えないが。

しかし、この作品、無造作に敵と味方がシャッフルして、どうも物語の視点が定まらない。
いったいヒーロー、ヒロインは誰なんだ?
唯一、軸がぶれてない森本さんが真のヒーロー?
ひょとして悪事の張本人だったりして。

TVアニメ Soul Link キャラクターソング&ドラマCD Mission 01
TVアニメ Soul Link キャラクターソング&ドラマCD Mission 02
TVアニメ「Soul Link The Animation」Mission 03
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。