アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新機能のテストと称し、怪しげな改造を施した石ころを店先に放置するとは、のどかな町だ。
その石ころ門番が誤まってトラックに積み込まれて、たどり着いたのは雪深い山里。

双葉似の少年・平太を助けたのが縁で話しが始まる。
平太のCVは斎藤千和で双葉そのまま。
その病弱な姉・かや乃は双葉のおね兄様・和己に良く似たキャラだが、CVは園崎未恵。
久しぶりに聞いたが、こみパの彩ちゃん以来かもしれない。
和己役の宮田幸季もこみパではタテ男役で出ていた。

門番が留守中の御色町の様子も、きちんとフォローしている。
町の警備はケルプ・デュラハン・オシリス2号の3トップ(笑)
東宮研究所のオペレーターはメイドさんたち。

メインのモチーフは、
雪崩から村を救おうとしたが、自らが犠牲になった人
その家族を誤解から村八分にする人々
ロボットや人外のものを神と祀る村人
他の家族の一員となりかけるロボットの葛藤
そして一時の旅の者と知りつつも心を寄せる家族
最後に夢オチ、ロボットも夢(過去の透視)を見るのか
正直なところ平凡である。

夢オチとは言え、冒頭にガーゴイル改造の伏線が張ってあるので不快感は無い。
平凡なモチーフを小奇麗にシナリオにまとめている。
演出も演技も過剰感が無いが、他の作品と比べたら物足りないと思う人も多いかもしれない。
単体では強烈なガーゴイルと双葉の演技が、全体にバランス良く中和するのが本作の魅力だろう。

やっぱり斎藤千和、この作品見てから西魔女やストパニで見ると(聞くと)ギャップが楽しい。
若本さんは Soul Link でも変わらないな。

今回のツボ:融けた雪が目から流れるガーゴイル

吉永さん家のガーゴイル イントロダクションDVD
吉永さん家のガーゴイル 第1巻
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。