アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
視聴者の期待を裏切りつつ(良い意味ですよ)大きな破綻も無く第7回め。
ここまでの脚本は全て吉岡たかを。
原作未読なので詳しく評価できないけれど、手堅くまとめていると思う。

今回は怪盗百式の手中にある梨々(こう書くと百式が悪党みたいだ)の元に、梨々の父・ハミルトンから逃れたロボット・デュラハンがやってくる。
百式は海外出張中で梨々は一人で留守番中。今回は梨々のお当番回ってことかな。
梨々も可愛いし、兄貴も可愛い(笑)
双葉は・・・・漢だ!

そのデュラハンは梨々を慕っているような描写だが、梨々と一体になって性能を発揮するように、ハミルトンが設計したようだ。
百式が帰国するが、ハミルトンはデュラハンと梨々を回収する。
ガーゴイルも、錬金術で強化されたデュラハン+梨々の前に敵わない。
そして錬金術で知覚を強化したハミルトンに対し苦戦する百式だが、マジックで大量のカードを使い、情報過多でハミルトンを視覚過敏(虫歯みたいだな・・・)にして倒す。

ハミルトンに百式たちを撃つように命じられるも、葛藤で自らの頭を打ち抜くデュラハン。
心を持つロボットの葛藤と矛盾は、アシモフの「ロボット3原則」に始まり鉄腕アトムでお馴染みとなったモチーフではあるけれども、これをきちんとまとめたのは今回の美点。
最近は魔法を使って何でもありの風潮が感じられるので、感激するほどではないが新鮮に感じた。
花子の回ほどインパクトは無いけれど、この回もそつがない。
スタジオ雲雀も頑張ってると思う。
深夜時間帯にしか放送できないのが本当にもったいない。
こんな好評価を書くとトライネッターって言われるんだろうが、まあいいや。

今回のツボ:またまたママにお仕置き中のガーゴイル
デュラハンに乗り追っ手を逃れる百式

吉永さん家のガーゴイル イントロダクションDVD
吉永さん家のガーゴイル 第1巻
「吉永さん家のガーゴイル」オープニングテーマ「オハヨウ」
ドラマCD「吉永さん家のガーゴイル」ガーくんドキドキ三本勝負
「吉永さん家のガーゴイル」キャラソン1 -吉永双葉-
「吉永さん家のガーゴイル」キャラソン2 -梨々=ハミルトン-
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。