アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずいぶんと地味な作品だが、キャストには興味があるので毎回見ている。
キャラデザは良いと思う。
何か夢に関わる事件が起きる、夢使い登場、解決エンドと元々のお話しのせいか単調な出来。

燐子役の真堂圭、斉藤圭から改名したからではないだろうが、この作品では随分良い仕事をしている。スピードグラファーの時は新人だったのだろうか。上手くなった。
でもこの系統のキャラをこなす人は他にも多そうだから、更なる成長を期待しよう。

塔子役の川澄綾子、演じるキャラは固定化しない傾向があるのだが、このキャラは好き。まほろさんを100倍のんびりさせた感じが良い。
エンディング曲もBメロからサビにかけて微妙だが、いつものこと。
決して下手なわけじゃなくて、そこはかとない良さがある。

他のキャストも押さえが効いていて、美砂子:久川綾、一:関智一、今回のゲスト:杉山佳寿子とこれだけ見ると良作。

今回のツボ:燐子がマッチを付けたストッキング
解決後の塔子「おなか、ペコペコです」セイバーを思い出した

夢使い1 初回限定版
TVアニメ「夢使い」サウンドトラック
夢使い キャラクターCD~三島燐子
by AffiliSearch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。