アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の「涼宮ハルヒの退屈」、前回と繋がりのない展開で、時系列順でもない構成になっている。
第1回に「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」を持ってきた事など、シリーズ構成の意図が段々わかってきた。
第1話と今回の第4話など1話完結回を組み合わせ、それ自身ジグソーのピースのように伏線張りと伏線回収をさせながら、シリーズ全体を完成させる巧みな構成になっている(と思われる)
単純にインパクトを狙った、意表をつく構成というわけではない。

原作は知らないのだが、何らかの必然により「涼宮ハルヒを憂鬱にさせず、退屈させない」ことを目的に集まったのがSOS団ということだろうか。

細かな演出の良さが出ていて、例えばバットを持つみくるの手が逆だったり、みくるの髪をなでるハルヒの手の動きなど、手を抜いていない。
「ポニーテールの方がいいかしら?」とみくるの髪を手にしながらキョンを見てやめたり、みくるに対するキョンの意識を気にするハルヒの細かな動きが良く出ていた。

今回のベスト:試合終了後「アンタがそれでいいなら」と少し緩んだハルヒの表情
今回の次点:みくるの変な顔
今回の不思議:ハルヒに耳を甘噛みされたみくるの表情、京アニ版Kanonのあゆに似てる
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。