アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この作品の主人公はガーゴイルでも双葉でもなく、ママなんじゃないだろうか。
百式ファンで、テレビの前に瞬間移動する術はガーゴイル以上かも。テレビを破壊したガーゴイルを逆さ吊り仕置きするなど、吉永家では最強かも。
しかも可愛い(ToHeartのあかりに似てる)

製作が追いつかないってイベントの時に言ってたが、作画もそんなにひどく感じない。
むしろ双葉がガーゴイルをキックする時に、遊びカットを数枚必ず入れているのは、気持ちの余裕さえ感じられる。

次回以降の展開を見ないとわからないが、館に閉じ込められた少女を盗み出す怪盗って設定が「ルパン三世 カリオストロの城」を思い出させた。

怪盗百式も自ら語る通り「古典的」な展開だが、最近の「超展開」「神展開」に疲れた脳には優しい作品だ。
トライネットは、たまに(失礼!)良作を作るんだから油断がならない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。